社長ブログ

雨が続き異常な冷夏ですね、涼温な家に住む箕浦さん、雨の日の部屋干しは

エアコンを一時的に低く(20℃)設定し扇風機を併用する。

そうすると1~2時間で素早く乾くそうです。生活感のない体感ハウスとは設定が違いますね

生活していない体感ハウスの中間期はエアコンOFF ・・換気の除湿だけで十分なのだが

生活する主婦は中間期でもエアコン併用が欠かせないようです。

箕浦さんは「涼温な家」にお住いのお客様と意見交換したいそうなので

箕浦さんのページをご覧ください。またお気軽に白羽体感ハウスまでご連絡ください。

(注)弊社が梅雨時の体感ハウスで訴えたいことは『換気の除湿効果』

新築前に換気に除湿効果があることを知らない人が多いと思うからで

除湿効果のない熱交換換気はカナダでは使用禁止。この意味は

風量を確保できない換気!換気回数を維持できない換気装置は使用禁止ということ。

下のイラストはスウェーデン建築評議会発行 「住宅と健康」より

長年にわたって健康を阻害する「湿気」についていかに換気を活用するか

日本よりも湿気が低いと思われる北欧で換気による除湿を国が積極的に指導している。

湿気はどこからくる?地盤から来ます。なので完璧な防湿基礎と床下換気が必須になる。

欧米、北欧、イギリスなどでは「熱交換換気」がすでに義務化されています。

子供の低学年や企業の新人研修でも室内空気汚染と換気について教育する国

換気先進国に見習うことに、謙虚になれ…ですね

以下「いい家」が欲しいより抜粋

いまお住いの家では、
暑い、寒い、結露、湿気、カビ、騒音、ホコリ、臭いなどに悩まされていませんか?
梅雨と秋の長雨の時期に、空気を閉めっぽく重たく感じ、
冬には乾きすぎる空気に悩むことがありませんか

関連記事●得をするのは換気への投資
家を建てるということは「健康」への投資であり、
それはきれいな空気が保障されてはじめて価値を発揮するのです。

食べるものと水にどんなにこだわってみても、空気に無関心では健康になれるわけがありません。

 

記事一覧|2019年7月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ