社長ブログ

健康増進のある家か否か‥理屈ではなく『感性』で判断する

社長 自己紹介へ

快適さは湿度』数%下がるだけで、驚くほど違ってきます。

体感ハウスでは夜間の エアコンをOFFにしているので、ONにするとその違いがよく解る。

 30分ほどで湿度が6~8%ほど下がり、快適になる。

宿泊されるお客様はエアコンのON、OFFを繰り返してみるといいでしょう

風を感じない大きな風量の効果に気付くかもしれません…!

エアコンをONにすると6~8倍大きくなる風量

風のない大容量で大風量の効果は、涼温な家での生活を始めてから、気付きます。

臭い軽減湿気排出の大きさはまさに『健康快適気流』循環ですね

●健康快適気流を実現する。とは、2013年に訪問した
日本一「空気がキレイな家」を目指すパナソニック IAQハウスのキャッチコピー

 

 以下「いい家」が欲しい。より抜粋

いまお住いの家では、暑い、寒い、結露、湿気、カビ、騒音、ホコリ、臭いなどに

悩まされていませんか?

ぜひ、ご家族おそろいで「住み心地体感ハウス」へお越しください。

人は、理論や数値、価格、デザインやインテリア、設備などで惑わされやすいのですが

感性は簡単にごまかされません。自分たち家族の健康増進な家か否かは理屈ではなく

感性で判断することが大事です。

「いい家」の体験を二回、三回と積み重ねると、住み心地に対する感性が驚くばかりに豊かになります。

以上 

記事一覧|2019年8月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ