社長ブログ

風を肌に感じず、速やかに汚染空気を排出する

社長 自己紹介へ

空気のきれいな家に取り組んでいると

建築基準法で定められている2時間に一回空気が入れ替わる換気ではもの足りない。

建築基準法は換気に限りませんが、守るべき最低基準のもの

窓を開けない暮らし、閉めきった部屋の暮らしに慣れてくると

高級ホテルのようなキレイな空気が欲しくなります。

ホテル並みに1時間に1回以上室内空気と外気(新鮮空気)を入れ替える換気装置が欲しくなる。

ですから、涼温な家はPAC エアコンをOFFにしたくない。

●高級ホテルのような空気は「排気」がスムーズ

『換気回数が1.0/h以上でも、目に見えず、風量を肌に感じず、速やかに汚染空気を排出できる。』
排気がスムーズでなければ「住み心地一番 涼温の家」にはならない。

以下、本当は知らない空気の危険 仁科剛平著より抜粋

室内空気汚染物質のなかで危険視されていて、シックハウス症候群などの原因の大半は

ホルムアルデヒドによるとされている。

ホルムアルデヒドに関しては17品目の建材に建築基準法に基づき、放散量の表示が義務付けられている。

『これら建材に接着剤、難燃剤、塗料、殺虫剤、防腐剤、防かび剤として

ホルムアルデヒドが使われています。また、身近なところでは衣服のドライクリーニングにも使われ

洗浄剤や繊維の縮み防止加工財として利用されています。

最近ではホルムアルデヒドを使わない建材などが開発されていますが

過去の商品には例外なく含まれています。

人体に有害な物質が、こんなにも多くの「用途」に使われていることに驚いたではないでしょうか

それが徐々に空気に拡散して空気汚染の原因になっているのです。』

以上

ホルムアルデヒドは防虫剤、着色料にも使われる。イラストは「本当は知らない空気の危険」より 

 

掃除機の排気には汚染物質がたくさん。安い掃除機にはくれぐれも“注意”

掃除機から排出される微粒子が国内基準の5000倍を超す機種もあるそうです。

●健康を脅かす掃除機 (排気の動画参照)

通販で買った家具から有害物質が放散などの記事があるように

部屋に持ち込まれる有害物質は想像以上かもしれません?

家屋は換気が最重要課題です。

 

記事一覧|2019年10月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ