社長ブログ

キレイな空気は風量が最大のポイント

社長 自己紹介へ

血液と同じ意味をもつフレッシュな空気、清浄空気と大きな風量 

臭いの混合防止の原則を無視する換気は、不快な臭いを室内にばらまくことになる。

臭いだけでなく子供のインフルエンザの咳も他の部屋の空気に混じってしまう…

混合防止の原則とは?ある一定以上の風量がなければ臭いが混合してしまう、 なぜか?

換気とは、奥深く、ややこしく、やたら難しい!のです。

そのため換気は建築知識と異なり、建築とは全く違う分野外の知識と言われる。

室内に供給される空気は屋外より清潔でなければならず

換気の主たる目的は酸素を供給することであり

快適室内に吹き出す空気の量『酸素量』健康増進効果をupさせます

涼温な家は温度・湿度をコントロールできる。

これだけなら他社の全館空調ハウスと変わりません。他社がやろうとしても真似のできないもの

それは空気のキレイさ… 一般的な全館空調ハウスは換気が行われていると言っても

新鮮な空気とは限らない。室内に入ってきた空気の滞在時間を空気齢という。

涼温換気は使い古された空気齢の不明なものではなく、外気を浄化したフレッシュな空気

この快適な温熱を蓄えた新鮮空気が構造内部へも供給され、適時排気される。換気研修より

空気寿命とは?給気から排気までに至る時間が短いほど、空気が気持ちいと感じる。

加齢臭・介護の悩み・臭いの悩み解消へ‥

ところで換気の熱交換ご存じでしょうか? 熱交換とはを回収して室内に戻すシステム

涼温な家の熱交換はベンチュリー効果で交換率が90%を超えます。

ベンチュリー効果とは? 霧吹きと同じ原理でエアコンの風量が換気風量をアップさせる。

以下、参考までに 

換気の温度・湿度の交換率は機器サイズによって変化し

熱交換器の面積が大きければ大きいほど、風量が大きいほど熱交換率が高い

 『チャンバーBOX』も知ってください

エアコンの風と換気の風を混合させる空気の箱をチャンバーBOXといいます。

チャンバーBOXで双方の風が混合しエアコンの冷気がマイルド涼温になる。

 関連記事

●あり得ない…温度交換率の世界一の換気

●全館空調ハウスの"技術的難点"?

●安心できる住み心地は、きれいな空気が確保された家にしかない。

記事一覧|2020年2月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ