社長ブログ

住み心地『宿泊体験』報告

社長 自己紹介へ

宿泊体感ハウス‥宿泊感想

現在建築中のお客様が、ご両親もご一緒に4人で宿泊された。

手をかざすとやっと感じる程度の優しい風量。

でも各部屋の空気をすごいペースで入れ替えている見事なシステムです。

このシステムは普通に生活すためになくてはならないものです。

涼温換気システムが私たちの気付かないうちに快適な空気にしてくれていました。

泊まった全員が、涼温システムを選んでよかったと確信しています。以上

 宿泊された日は外気が0℃近く寒かった‥

奥様は外部と室内との温度差を何度もチェックされ驚かれたご様子。

建物の性能は最も寒い日、もっとも暑いにその性能を発揮します。

 

関連記事

●外断熱を伝える朝日新聞「天声人語」

2000年1月28日「天声人語」より抜粋
窓のように見える結露よりも、壁の内側の見えない結露の方が
問題が大きいのだそうだ。そうした結露を防ぐ方法として、外断熱という耳慣れないことばを聞いた。

スウェーデンでは1973年のオイルショック直後、国を挙げて建物の省エネ対策を研究し、
気象学や熱工学、微生物学、経済学などの専門家が四年がかりで具体策をまとめた。
それ以来、外断熱が当たり前になったという。

◆外断熱は構造内部の結露を防ぐ方法であり、冬の暖かさ・夏の涼しさは言うまでもなく

梅雨・秋の長雨時のさわやかさは感動的だ。

記事一覧|2020年2月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ