社長ブログ

社長 自己紹介へ

気密と換気を疎かにして最適湿度帯は何千万かけても造れないⅡ

換気を疎かにして最適湿度は何千万かけても造れません。

センターダクト換気の真骨頂を一つ上げるとすれば、

一年間を通して快適湿度帯を造れること。

●カビ増殖を防ぐには、一年間を通して湿度70%以下に保つ!

梅雨に忍び寄るカビ汚染

快適湿度帯40%~70%の湿度ウイルス・カビ・ダニの増殖を抑制し

住む人の健康に計り知れない影響を及ぼす。

2020年7月は一カ月間ほとんど雨、異常な多雨多湿でも湿気を溜めない家。

そのために建物を断熱材でスッポリ包み、徹底して断熱材の高気密を計る

断熱の気密平均は0.15㎠/㎡前後、この数値は知る人ぞ知る高いレベル

[木工事]屋根・壁外断熱材張り・気密処理施工

◆注意してください…日本の結露被害は欧州の先進国と異なり

瑕疵担保責任保険の対象外。造る側の責任が問われず、曖昧にされています

 弊社女性スタッフの話によると冬の過乾燥は加湿できるが

梅雨時や夏の湿度、多雨多湿が厄介で、涼温な家の除湿効果には納得させられる。

憧れは涼温な家のランドリールーム!だそうです。

以下【関連記事】

●湿度を制するものは空気を制す!結露・カビを制す。

●大手メーカーの「ウソ」が多いのには困った!ある設計士の話

湿度‥換気とエアコンの除湿力で湿度が下がります。

記事一覧|2020年9月

ページトップへ