社長ブログ

社長 自己紹介へ

24時間換気システムの欠点

TVのCMでは大手ハウスメーカーが室内空気のキレイさを訴える。

素晴らしくキレイな空気のイメージが湧いてきますね…

しかし本当??だと思いますか

試しに、キレイな空気の吹き出している『給気口』に薄いフィルターを付けてみるといいです。

一ヶ月で黒く汚れ、2ヶ月もすると真っ黒に汚れる!その原因は、フィルター取り付け部の隙間

フィルターの小さな隙間は、どんな優れた換気装置でも無意味にしてしまう!とは

『住宅と健康』より

きれいな空気は保障』されなければなりません。もう一つ、24時間換気の弱点

狭い壁内と細いダクトの空気抵抗問題、換気の風量不足』ですね

換気とは空気抵抗との戦いだ。その空気抵抗が極端に少ないセンターダクト

一直線の太いダクトにすると、風量が大きくても肌に気流を感じず、風切音が消える!  

●換気を全く信用していない教授

私は換気を信用していません。ほとんどの24時間換気は

室内空気の流れが途中で止まっています。

家の‴結露‴は24時間換気の風量不足に変わりつつある。

空気の流れが途中で止まる‥すると! どんなに優れた窓サッシでも結露します。

●設置したら最後、比較できない24時間換気ここが問題!

 換気システム、細いダクトから出る騒音、風切音に我慢ができない

夏の除湿の無さに不満‥ 本格的な換気は除湿効果があり

カナダでは除湿効果のない熱交換換気は使用禁止

細いダクトの風量をupすると、風切音がうるさく換気ので観葉植物の葉が揺れる

●テレビCMで空気が心地いい‥ホント?

●室内空気は床から天井の排気口に向かって

確かな空気の流れがあること。

センターダクトは気流を感じず、天井の排気口に向かう空気の流れがあり

長時間漂う浮遊粉塵・臭い・余分な湿気を速やかに排出する

●新居に入って感謝のお便り、参照

記事一覧|2021年4月

ページトップへ