社長ブログ

社長 自己紹介へ

シックハウス症候群は『命』を縮めます

通訳と翻訳のお仕事をされているお客様が、体感ハウスへ見えて

シックハウス症候群を縮めます。涼温システムは"啓蒙"ですね‥

アメリカの『全館空調システム』は三軒に一軒の割合で喘息悩む人がいる。

日本もアメリカも全館空調の空気質となると、いま一歩踏み込めない。

全館空調は造るけど私は勧めません!とは、空調メーカーの技術者。

センターダクト啓蒙‷ですね、全館空調の欠陥ともいえる空気質を見事に解決している。

キレイな空気をテーマとする宿泊体感ハウス

それは太いセンターダクトを、建物中央付近に設けることで成功した。

狭い壁内・狭い天井裏、狭い空間が災いし、必要換気量を満たすことが難しい。

必要換気を満たす換気は数%もないと言われる換気事情を知るべきです。

メーカーの限界は建物と一体として換気を開発がすることができません。

 ●宿泊感想‥今までの宿泊体感ハウスで一番快適でした。

旅館などに宿泊するときは常にを飲んでいたが
ここではくしゃみは出なかった。これは私のなかでとても嬉しかった。
空気に対しての重要性を再確認する、とても良い機会になりました。

全館空調と涼温換気の違いとは?

全館空調の難問は、室内に留まっている空気の滞在時間が長い!空気寿命が長い、

家を長持ちさせる『防湿層』ベーパーバリアご存じですか?

●24時間換気〝おびただしい虫″の死骸にショック
●全館空調ハウスの"技術的難点"とは?
●エアコン一台による全館空調のクレーム

クレーム多発は、温熱を隅々まで分配できない風量の弱さにある。

●アメリカの全館空調と空気汚染
●夜閉め切った部屋の空気質

記事一覧|2021年5月

ページトップへ