社長ブログ

社長 自己紹介へ

新築前に断熱方法の違いを知る

2021/06/29(火) 空気と換気気密と断熱

充填断熱(内断熱)と外断熱の違いご存じですか

SUUMO(スーモ)カウンターの担当者は

普通の人に外断熱と内断熱の違いを、理解してもらうことは非常に困難ですよ!


多くの人は構造と断熱方法に関心がありません。
涼温な家は一部のエリート層にしか理解できないのでは? 以上

家造りに失敗しないため、構造と断熱方法に関心をもってください。

●家を長持ちさせる断熱方法外断熱と内断熱との違いとは

外断熱は外気との温度差をなくし、家を長持ちさせる最善湿気対策ベーパーバリアなのです。

●建物を湿気から守る防湿層(ベーパーバリア)

防湿層はその期待される役割上『完璧』を目指さなければなりません!
ベーパーバリアとヒートブリッジ(熱橋)は先進国の共通課題

●正しい断熱方法、正しい湿気対策、防湿層を知る

対して内断熱とは以下のように、壁内に断熱材を充填する。

充填断熱のメリットは外断熱と比べ、価格がはるかに安いこと!
しかし、充填断熱の問題は壁内の結露薄いシートに託してしまう
湿気対策が簡易的過ぎるのです。
シートは10年前後で機能しなくなるというショッキングな報告報告も‥

充填断熱は単独で用いるものではなく、必ず外断熱と併用し

外断熱の気密性能C値は0.15㎠/㎡前後にするここが壁内結露防止絶対条件になる。

●断熱方法の選択と、安普請の家
●大地震に強い外断熱とTIP構法

壁内の通気性を確保できる構法は、外断熱と相性が抜群に良い!

TIP構法の外側に断熱材を張り付ける、強耐震性は3.11震災で証明済み

動画で見るTIPの強耐震性能  

●あるときは大気汚染から家族の健康を守るシェルターの家。 

辺境の山地にも『マイクロプラスチック』大気中に浮遊

参考記事

●大手ハウスメーカーで建てた豪邸なのに…寒い

●咲き乱れる新法、10年後は憤りと後悔‥

記事一覧|2021年6月

ページトップへ