社長ブログ

社長 自己紹介へ

測定器が検知できない弱い換気風量で中毒

国は24時間換気を義務化しても、換気風量の測定を義務化できないでいる

実は多くのビルダーは‥狭い天井裏や壁内が災いし、換気風量の確保が困難だという現実

狭い空間のためスムーズなダクト施工ができないのです。

何と梁を貫通する小屋裏のダクトと雑な配線工事

換気したつもりの天井裏



壁内に詰め込まれた厚い断熱材は、ダクトを通すスペースがない

断熱材を切ってダクトを通すことになるが、壁内は狭くダクトは細く風量も小さい

かと言ってダクトを使用しないノンダクト換気は

外部の音がウルサイ、車の音がツーツー

換気フィルターが薄いフィルター1枚でフィルター無しに等しい、換気として失格

建築基準法の内容をクリアしている換気でも、以下のような事件が起きる

この事件は2006年、札幌地方裁判所に提訴されたもの

日経ホームビルダーより 引っ越しから1年後でトルエン中毒

 確認申請書によると換気建築基準法の規定をクリアする内容だが

実現していなかった!!

空気流量を測定したところ機器が検地できないほど少なかった 

引渡しから一年後、Aさんは体調を崩した新居の室内にいると頭がぼうっとして

息苦しくついには、胸の痛みや吐き気を感じるようになった。

血中ガス濃度からみるとトルエン中毒に近いと診断された。 原因は、換気システムが

全く役立っていなかった。以上

建築基準法をクリアしていても、機器が検地できないほど少ない換気風量

いったい建築基準法は誰のためなのか? 

弊社でも初めて設置した換気が微々たる風量だった。

機器が検知できない少ない換気風量で中毒

もしもセンターダクト方式に出会あわなければ

今だに気付くことがなかった24時間換気の弱点、欠陥といえる!

換気メーカーの換気はどれもこれもイージーな簡易型換気だったのです。

狭い天井裏に給気・排気の両方のダクトを入れるべきではない。

給排気ダクトの嵐になってしまう。

新鮮空気の供給する給気ダクトは壁の中ではなく、建物中央付近にダクトスペース設けること

センターダクトは最高の親孝行介護の臭いが気にならない

換気が家造り失敗の原因になるかも!シックハウスはをちじめます

記事一覧|2021年11月

ページトップへ