社長ブログ

社長 自己紹介へ

室内空気のキレイさを競う時代!!

どんなに建築に詳しい人でも、どんなに研究熱心で優秀な人でも

空気汚染対策‥換気となると正しい判断ができないでいます。

それは換気メーカーの実情をご存じないのです。

車と住宅には口を出さないそうなので

空気汚染と湿気とカビ自分で守るしかありません。

湿気は換気の除湿力に勝るものなし‥

換気の除湿効果ご存じでしょうか

ゼヒ知ってください‥カナダでは除湿効果のない熱交換換気は使用禁止

涼温な家の暮らしは換気のスイッチに注意 雷のときは自動でスイッチがOFFになる

すると室内の湿度がみるみる上昇します。ここが本格的換気のある暮らし!

換気の良し悪しで人生が大きく変わる

涼温な家を知ってしまうと、もう間欠冷暖房の暮らしに戻れません

日本では、この部分間欠冷暖房の住宅が多いことが

先進国で稀にみるほどヒートショックによる事故が多い原因になっている。

換気メーカーのカタログに記載されている換気性能は

カタログ表記性能の50%でしかない‥そんなバカなと思うでしょうか

それが換気の現実!だとしたら‥‥大問題

●涼温な家に住む換気研究家は

換気メーカーは24時間換気を何とかして欲しいものだ…

●換気と健康とナイチンゲールが教えてくれる空気質

その空気は本当にキレイなのか‥

 本当にキレイな空気は見えないものへの真摯な挑戦

●20年きれいな空気を追及、換気メーカーの実情と失望体験

風量不足な換気に不信と不満‥下は風量が強かったカナダ製の換気

換気を住みながら比較した経験がなければ

カタログ表示をそのまま鵜呑みすることになってしまう!

●大手メーカーの温度交換率の世界最高レベルの換気

あの細いダクトと曲がりくねるダクトで世界最高レベル

絶対にあり得ない、熱交換率は機器の大きさに比例してよくなる。

室内空気と換気については‥何を書いてもおとがめなし

換気システムの比較体験がなければ、深夜に気になる

フィルター清掃の容易性がいかに重要なのかも‥

空気の流れが途中で止まり換気が機能していないことにも

気付くことができません

換気メーカーは細いダクトの欠陥を知りつつ太いダクトを造れない。

 ●なぜ家の中央付近にセンターダクトがあるの?

イギリスの換気メーカーでも数社が研究を進めているセンターダクト換気

なぜダクトが太く一直線なのか?換気とは空気抵抗との戦いである

ダクトの空気抵抗は全て2乗に比例する。

一般的な100㍉ダクトから250㍉の太いダクトになると

音もなく、肌で風を感じない風量の秘密がここにある

室内空気のキレイさを競う時代!全館空調の"技術的難点"

空気質からいってほとんど失格と言われる全館空調

換気メーカーの技術者は、メーカーは全館空調を造るけど私は勧めません

一般的は全館空調は空気が室内に留まっている滞在時間が長い

涼温な家よりも5倍も長い‥空気寿命という。

いつもが舞っています!子供が風邪をひきやすくなった

もう一度マイホームを建てたいな‥とならないように!

●換気システムの吹き出す空気が汚れる原因を知る

ダクト内部はコーティング処理され汚れにくいだけでした。

換気メーカーは空気が汚れてることを、承知していたハズ‥!

換気ダクトは必ず汚れる 汚れの原因を知る

それなのにダクトのキレイさを強調し、吹き出す空気について

一切触れなかった。

●24時間換気の良し悪しが家造り失敗の原因になる

記事一覧|2022年6月

ページトップへ