社長ブログ

社長 自己紹介へ

見せかけのエコに騙されない

雨が続きますね~ 住み心地体感ハウスは梅雨時から夏が快適な家

こういう時こそ、ぜひ体感ハウスにお越しください。


吹き抜けと大窓のもたらす問題点

数年前とはいえ、大手住宅メーカー新聞一面の大きなチラシ

吹き抜け+大窓のもたらす問題点


以下、前真之著「エコハウスのウソ」本より抜粋

見せかけだけのエコ様式に騙されてはいけない。

日本人はもっと生きること、暮らすことに「貪欲」にならなければならない。

まともな住環境はただ与えられるものではなく獲得するもの。

流行を追いかけただけの無自覚な設計

不快でエネルギーを無駄にする空間を生み出しかねない。

これらは推測でもなんでもなく、実際に筆者や研究室の学生が実地調査で

何度も目撃してきた事実である。

スイスのエコハウスにこれ見よがしな吹き抜けや大窓が見られなのは

それらは見た目が良くても住環境を悪化させることをみんなが理解しているからである

 スイス人は質の高い住環境の獲得に余年がない。

コンビニくらいのサイズの書店に住宅やガーデニングの雑誌が並び

そのうち住環境や省エネに関するものが5冊もあった住まい方への関心が高いスイス

厳しい取受選択のなかでニセモノは淘汰され、本物だけが残って行くべきなのだ。

以上

大手ハウメーカーを業界のオピニオンリーダーだと見る人が多いでしょうが…

それは違っていて、実は先進的な工務店と技術の差は想像以上に大きいのです。

関連時期

●ご存じですか日本の断熱・気密は先進国で最低水準にある。

この事実を知るべきです。

欧州先進国のように結露に施工者が責任を負うとなれば

断熱・気密正直に施工せざるを得ない

家造りは断熱材の気密さへ正しく施工すれば大きな失敗がありません。

●高気密高断熱のハズが中気密だった‥

残念で残念で立ち直れません!何らかの保障をしてもらいたいです。とはネット記事より。

●ぶっちゃけた話、吉建さんが一番‥気密測定検査

●自然通気は決してロマンチックではない。

180度暮らし方が変化したにも拘らず、自然通気というノストラジックな呪縛から

逃れられない多くの造り手たち。

●スーパー工務店とは‥

断熱材を働かせるためには、丁寧な施工で空気を封じ込めることが不可欠になる。

写真は日立市に完成の涼温な家

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧

1ページ (全142ページ中)

ページトップへ