社長ブログ

構造内部の結露を考えてみよう

社長 自己紹介へ

期優良の敵は生物劣化」 以下、2011年8月 日経ホームビルダーより

シロアリの食害、木部の腐朽‥‥

近年、築10年未満などの築浅の木造住宅で、そんな生物劣化が数多く見つかっている。


従来はある程度の築年数を経てから生じる例が通常だった。現場に『異変』が起きているのか?

工法や法改正が変化してきたことも関係があるのか ?

根本的原因は「湿気」で木が濡れる ‥まずは内部結露の防止がポイント。以上

工法や法改正が変化してきたことも関係があるのか?

 居室も構造内部も結露を防ぐことは簡単です! 壁も屋根も基礎も外断熱にすれば良い。

ところが、壁は外断熱でも基礎も屋根も内断熱、天井裏に断熱材を充填にするビルダーが多い。

これは結露を承知しつつも価格を下げる価格調整なのですが、一般の人がココに気付くことは難しい

内部結露は目に見えません。断熱は屋根が重要で 夏と冬‥屋根裏の温度差を想像すれば解るように

屋根裏は激しく結露します。  屋根には80㎜の断熱材と自然通気層を設けること。

生物劣化が増えている理由は現場の『異変』?ではなく夏涼しく冬暖かい家へ暮らしの変化でしょうね

 ロックウールやグラスウールは結露水を12%含んだだけでも断熱性能が三分の一に低下します。

3年前に完成した『涼温な家』に住むお客様は

お隣さんも新築したばかりだけど年中窓を開けて換気してるんだよ‥

ウチは全く窓を開けない生活が普通になったなぁ、洗濯物も外に干さなくなったし(笑)

いまでも外気5℃~8℃の寒い日に窓を開ける家がたくさんある。原因は結露だそうです。

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全130ページ中)

ページトップへ