社長ブログ

社長 自己紹介へ

24時間換気の虫問題、吸気口は小虫集塵装置

24時間換気が義務化されて約20年になる。

換気フィルターの虫対策は今どうなっているのだろうか

涼温な家のフィルター清掃ではを見ることがない。袋フィルターは虫を見ないでポイ捨て

換気フィルターの「虫」は主婦のストレスになります。

24時間換気の吸気口は小虫集塵装置、ムシ吸引機

換気メーカー虫対策の標準品は、以下メッシュの粗塵フィルター

ここに小虫や小バエがたまる、掃除するときに生きた小虫が飛ぶ‥

●24時間換気システムの‷おびただしい虫‴

換気フィルターのフタを開けたとたん、生きた小バエが飛びだし、虫の死骸にショック! 

カタログには世界でトップクラスセントラル換気と表記されていても、虫問題

その対策として現場監督が手造りの網入り箱を、外壁に取り付けていた‥数年前のこと

金網に虫が詰まるだろうし、網入り箱の管理は難しいでしょうね

現場監督手造りの虫対策…
問題は、性能日本一と称する大手ハウスメーカーの換気システムだということ

注意してください大手ハウスメーカーも多くのビルダーも本音として
24時間換気とは真正面から取り組みたくないテーマそうです。

一般的な換気装置にフィルターを付けても空気抵抗で換気風量がガクッと落ちる。

必要換気を満たす換気は全国でも数%でしかないといわれる換気

※狭い壁内、狭い天井裏曲がりくねるダクト圧力損失を知ってください。

換気専門家がイラストをみただけでこれしかないなと評価するのは

一直線で太いセンターダクトの圧力損失が極端に小さいこと

換気専門家とは、クリーンルームを知る人、トンネル工事に携わる技術者
原研の技術者など換気知識をもつ方たちにこれしかない!と高評価される。

 

お客様との話で気付かされることですが、大手メーカーはウソが多い‥

換気だけでなく断熱材の隙間や、日当たりの悪い北面壁内の結露、とくに結露については

そうとう無責任な説明をしているようです。結露対策なしの屋根も拘らず
結露は一軒も発生しません!とハッキリ言ってしまう‥

ネットに公開されていた「Sハウス」の内部結露、結露でクギが腐食すると釘が抜けやすくなる。

 

屋根裏の結露は、屋根上部の断熱層と通気層で簡単に解決します。

 小屋裏収納の結露水。今後急増するであろうと予測されている。写真は日経BPメールより

後からの修理は困難です。

 

記事一覧

1ページ (全149ページ中)

ページトップへ