社長ブログ

梅雨から夏が快適な家 

社長 自己紹介へ

 昨晩は久々に月が見えましたね

梅雨から夏が快適な家 

以下、だから「いい家」を建てる。より抜粋

一般的には、エアコンをつけると冷気が床によどむ、膝から下が冷え、

自律神経が失調し、冷房病になりやすくなる。新換気システムの家では、

不快な冷えを感じない。それは、常に床から天井へと向かう空気の流れがあるからだ。

他の換気方法では、空気の流れが逆なので冷気が床によどみやすくなる。

室温が28度でも快適に感じられると、エアコンの利用の仕方がこれまでとは

まるで違ったものになる。冷やすためではなく涼しくするために活用できるからだ。以

常に床から天井へと向かう空気の流れがある。とは天井にある排気の力

室内空気は排気』の分だけ空気が動きます。

室温が28度でも快適に感じられると、エアコンの利用の仕方がこれまでとは

まるで違ったものになる。

室温が28度でも快適に感じられる湿度50% これは経験しないと解りません…エアコン設定の工夫です。

私は寒がりなので昨日のような夜はエアコンOFFがちょうど肌に合っていた。

 介護仕様の家

 近所で介護仕様の平屋の展示会があって、インナーガレージが特徴だったようだ

写真は笠間市に建てた「涼温な家」 ガレージのイメージが良く似ていた
『毎日が快適の一言』ココクリック。

 在宅介護の間取りの工夫は大切ですが、やはり介護で気になるのは臭い

介護するほうもされるほうも臭いが気にならなくなると、これほど楽なことがない

 介護する部屋の臭いを拡散させない排気の力』その部屋の臭いはその部屋から出す‥

これまでの換気とは全く違う逆転の発想、エアコンと換気がドッキングすると風量が6~8倍アップし

しかも嫌味なエアコンの風を感じません。在宅介護に最も適した涼温な家と言える。

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧

1ページ (全127ページ中)

ページトップへ