社長ブログ

社長 自己紹介へ

本当にキレイな空気は『自然治癒力』を発揮する

測定器が検知できない弱い換気風量でトルエン中毒

確認申請書では建築基準法の規定をクリアする24時間換気なのに、なぜ中毒に

換気の風量測定が義務化されていない。風量測定が行われないのです。

ここ大問題だと思いませんか?弊社では、建築途中と完成時の2回の風量測定を行う

計画換気の風量が適切であるかどうかは、風量測定で確認するしかありません

センターダクト換気を知るまでは気付くことがなかった、換気メーカーの弱い風量

下はリフォーム中のダクト、新鮮空気を供給するダクトは狭い壁内に設けてはならない

換気のプロは、一直線で太いダクトをなぜこれしかないと評価するのか

それはダクトの空気抵抗、圧損が極めて小さいのです。

●イギリスでも本格的な換気の普及は10%

久保田紀子さん「イギリス訪問記換気メーカーの経営者は

さらに「いい家」を求めて。久保田紀子著、本より抜粋。

あなたは依頼先にこう問うべきである。気持ちのいい空気を24時間保証してくれますか? 

これから建てる家は、自然災害に強く、長持ちするものになることは間違いない。

しかしいつまでもきれい空気を安心して吸える家であるとは限らない。

なぜなら、造り手のほとんどは換気に関心と責任』を持とうとしていないからだ。

「ナイチンゲールがクリミア戦争の野戦病院に派遣された当初の傷病兵の死亡率は42%だった。

そこで自然治癒力を発揮できる環境にするために、病室を清潔にし換気をする。

ただ空気を入れ替えればいいというわけではない本当にキレイな空気なのかを考える

そして3か月後には死亡率が5%に下がった

本当にキレイな空気は見えないものへの真摯な挑戦

 

話には聞いていたけれど、引越しの時に引き違い窓を開けただけで
その後はどの窓も一切空けていません。

エアコンの音も風もない暮らしは、ホテルライクな暮らしが現実になる

記事一覧

1ページ (全149ページ中)

ページトップへ