社長ブログ

社長 自己紹介へ

カビ増殖を防ぐ‥湿度コントロール

カビ発生のメカニズム

適度な温度 (10℃~35℃) 

適度な湿度 (70%~99%前後)

栄養分がある(ホコリ、チリ、垢、石鹸カスなど有機物)

酸素がある (呼吸、発酵のため)

 以上の4点のうちどれか一つでも外すことでカビを防止できます。
例えば水が湿度100%でもカビが育たないのは酸素がないため

家全体にカビを発生させないポイントは年間を通して最適湿度帯を造る
湿度のコントロールにある。

年間を通して、居室と床下と屋根裏の湿度70%以下に調整可能なセンターダクト換気

エアコンと換気がドッキングした大容量の風量は結露・カビを防止できる

年間を通して湿度コントロールできるシステム、実は相当にハードルが高いのです。

『湿度』を制する者は結露・カビを制す!

壁内部計画換気できるTIP構法は、涼温な家抜群に相性が良い!
筋交いの端部に鋼板で補強したプレートを打つことで、より頑丈になる。

弊社の自負する断熱の高気密性能、C値0.15㎠/㎡ 換気と気密は一対!

湿度コントロールに高気密な断熱はゼッタイ条件
(ココ重要)

●現実化してきた100ミリ断熱の得と損

湿気とカビ菌の増殖を抑える
梅雨時のカビ対策は何といっても『換気』
湿気対策、防湿層はその役割上完璧でなければならない
●家には純然たる換気絶対的な排気が必須な時代

風量測定は工事中と完成時と2回実施、特に完成時の風量測定は綿密に行う!

記事一覧

1ページ (全148ページ中)

ページトップへ