社長ブログ

暖房の質が違う、空気感が違う

社長 自己紹介へ

下は16年前に体感ハウスに設置した不凍液を循環させるパネル暖房機、温水暖房は暖かく評判が良かった。

いま、その温水パネル暖房と涼温暖房を比較してみると、暖房の質の違いを感じる‥

音も風も出さない暖かさは同じでも、温水暖房はモワ~ッとした暖かさで

涼温暖房とは空気質の違いを感じる。贅沢とも言える上質な涼温暖房ですが

比較しないと解りません。体感ハウスではこの比較も可能なので、寒くなったなら

ぜひ暖房比較をしてみてください。

【関連記事涼温涼房な暮らしは『住む楽しみ』が増える。
涼温な家に住んでみると、住む楽しみ‥住む楽しみが増える‥この意味が良~く分かります。

家に何を求めるのか。

この本を、一工務店の宣伝本と決めつけたい人は決して少なくないだろう

しかし、ここで語られている真実には学ぶことがいっぱいあるはずだ。以上

ここで語られている真実には学ぶことがいっぱいあるはずだ。

「いい家」シリーズ本は多くの同業者、ビルダーに読まれています。

茨城や千葉の工務店でも、換気とエアコンをドッキングするシステムや

エアコン一台による全館空調にしても、似た工法が増えつつあります。

外断熱が大ブレークしたのは20年前、当時から「いい家」が欲しい。この本の後追いとも言える

近くの工務店を知っているが、全国的にも相当な影響を及ぼしている本でしょうね。

ただし、20年前の二重通気工法と違って涼温な家』をまねることは非常に難しい。

自然通気工法と違い、涼温な家のような『空調装置』は一般の工務店には難易度が高すぎます。

温熱や換気といった 空調は、建築とは全く異なる分野‥畑違いの分野なので

よほど空調に精通する技術者がみじかにいなければ、個人ではゼッタイに取り組むべきではない。

空調に謙虚になれ! ここが換気研修を5年ほど繰り返してきた私の結論

【関連記事】

●エアコン一台による冷暖房のクレーム

 エアコン一台での全館空調のクレームの多くは、スムーズに空気が動かない‥
冷暖空気を隅々まで分配できない。換気の風量不足が多いようだ。

●なぜ換気専門家が涼温な家を高評価するのか

●エアコン嫌いな人へ

24時間換気の盲点とは?

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全134ページ中)

ページトップへ