社長ブログ

個別エアコンと家の価格、価格を下げる方法

社長 自己紹介へ

 土地と建物を合わせるとどうしても上限価格が問題になる。そこで

コストを下げる方法を検討するのだが、価格を下げるには?

❶、センターダクト方式をやめて一般的な換気メーカーの機械換気にする。

❷、冷暖房をエアコン一台による全館空調をやめて、全室個別エアコンにする。

❸、シロアリ対策に薬剤を使用する。

❹、断熱材の高気密性能を追求せず、一般的な中気密断熱にする。

❺、同じ外断熱でも断熱の気密方法を変える、断熱材も変えてみる。

❻、建物の防湿層(べーパーバリア)に完璧さを求めず、中途半端で良しとする。

目視できる防湿層。弊社のⅭ値は平均0.1㎠/㎡

❼、建物の熱橋(ヒートブリッジ)を考えず充填断熱にする。木は断熱材ではありません。

サーモカメラで木から漏れる熱が見える。写真は弊社近所の建物

❽、構造内部の結露湿気排出を以前のように自然通気に任せる‥構造材の乾燥を考えない。

  ★構造材が乾燥状態を維持できれば建物の耐久性が増し、資産価値が増す。

構造内部の結露とは以下のような写真、屋根裏の結露、弊社の建物ではありません。

屋根の上で断熱気密と自然通気層を設ければ屋根裏の結露を防げます。

以上の項目を一般的な仕様にすれば価格は大幅に下がります。

しかし、どれもこれも変更できない重要事項ですね。なかでも問題は個別エアコン。

どの部屋も風を感じず、温度差がなく、PACエアコンとセンターダクト換気がドッキングした空気感

このマイルドな温熱を知ってしまうと、個別エアコンを勧めることはできません。

PACエアコンをなくすだけで200万円下がるのだが‥!

PACエアコンとは「涼温な家」に使われているパッケージエアコンのこと、

現実的な価格削減の方法は

❺断熱材の気密の方法と板状断熱材の種類を変えてみる‥ですね。

【関連記事】

●ルームエアコンはタバコ以上に害がある。もう寝室で個別エアコンを使用する時代ではない

 ●個別エアコンとパッケージエアコン(PACエアコン)の風と温度差。

 ●シロアリ対策に安易な工法などない。物理防蟻工法に価格の安い方法はありません。

 サイレントクレーマーとはクレームを申告しない消費者。サイレントスピーカー

 ●断熱・気密を疎かにすると、寝る前に暖房消して‥朝何度?5℃~10℃がザラにある。

 ●やっぱりうちは暖かいね…出てみて分かった。 

●本当の省エネ住宅とは小さなエアコン一台で全室冷暖房できる家

●防湿気密層『べーパーバリア」ご存知ですか?べーパーとは蒸気や気化物質のこと。

構造材の内部結露?内部結露は一軒も起きないと主張するが‥起きます。

●わりの合わない防湿気密層つくりですが、手抜きできない建物の最重要部。

●シロアリ駆除業者、シロアリ学者、人によって言うことがマチマチ

●自然換気と機械換気を組み合わせる?自然通気は湿度を除外視した抒情の世界。

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧

1ページ (全113ページ中)

ページトップへ