社長ブログ

社長 自己紹介へ

空気のキレイな家と空気の悪い家

「住み心地」や空気質の違いとはどういうものか? 実家の古い家と体感ハウスを比較してみると

その空気感の違いが良く解る。その空気には相当なカビ菌が浮遊しているだろうなと想像もつく

『涼温な家』に住んでいると、実家に泊まれなくなるとは…良く聞く話。

昨年12月に埼玉県上里町に完成したS様は、冬を越してたいへん喜ばれている。

上里町は群馬県との県境で寒い地域、奥様はもう他の家には住めませんね!』だそうです。

S様の宿泊感想

●今までの宿泊体感ハウスで一番快適でした。

涼温な家はこれまでの家造りと大きく違う、それは住んでみてから期待どおりだったと感謝される家!!

いえ、期待以上に感謝される家なのです。

さらに「いい家」を求めて

以下、さらに「いい家」を求めて。より抜粋

あなたは、住む楽しみをご存知ですか? 

日々、住むことに感動を覚えていますか? 

空気は、気持ちいいですか? 

この家で、人生を全うしたいと思いますか? 

すでに多くの主婦が「いい家」に住んで

かつて体感したことのない住む楽しみを味わっています。 

真冬に、ベットから起き出すことが少しでも苦ではなく

お風呂に入ることが楽しさを増し

薄着で過ごせるので肩こりも少なくなります。

掛け布団は、薄い羽毛の布団一枚で十分です。

梅雨時にジトジトベタベタ感がなく、洗濯物を室内に干しても臭いが付く前に乾きます。

夏に、トイレで汗をかくことがなく、エアコンは冷房のためではなく『涼房』に役立つのです。

床下も屋根裏も室内と同じに換気されていますから

家中どこにも湿気や臭いや有害物質のよどみがなく

きれいな空気を安心して胸一杯吸うことができます。

「私の一家はぜんそくの悩みから解放されました」以上

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧

1ページ (全140ページ中)

ページトップへ