社長ブログ

自然通気は湿気を除外した抒情の世界

社長 自己紹介へ

早いもので、体感ハウスの片隅に住んで17年目

自然通気工法から涼温な家までリフォームを繰り返し、住み心地の良し悪しを検証してきた。

「住み心地」を比較していると解りますが、住み心地の良し悪しは"湿度"ですね

今年は梅雨から夏にかけて雨が続き、連日湿度90%を超えた。

6月~8月までの湿気とこれからも続く秋の長雨

自然通気は湿度を除外した抒情の世界。これからは換気の家でなければなりません。

ところが機械換気の除湿だけでは物足りないエアコンを組み合わせないと湿度は落ちません。

エアコンの風量がないと湿度の管理はできない。ここに気付きます。

●自然換気は『湿度』を除外しした抒情の世界‥

自然換気の「床下から入る外気」とは、いかなる空気なのか‥?

PM2.5・排気ガス・土埃・花粉・騒音・ダニの他に湿った空気の侵入

一歩間違えれば健康を害す‥

体感ハウス⑴から⑵を見る。体感ハウス二棟を管理していると

湿度コントロールの容易性の違いが解ります。家は大きくして失敗する‥この意味も

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全130ページ中)

ページトップへ