社長ブログ

宿泊体感ハウス"宿泊"感想

社長 自己紹介へ

3月31日「桜満開の季節」神奈川県からのお客様が"宿泊"された。

お客様は大手ハウスメーカーの体感ハウスにも"宿泊"されていて

涼温な家とハウスメーカーを"宿泊"で比較したお客様は、これで2組目になる。

奥様は温熱や空気感や音に敏感な方でいろいろと参考意見を頂いた。

神奈川県からわざわざ弊社体感ハウスに来られたのには理由があって

現在「涼温な家」でプランが進行中で、

体感ハウスに数時間滞在しただけでは分からない温熱や音

その他もろもろと"宿泊"しながら確認したかったようです。

数時間の滞在だけでは設計プランの打合せをしつつも不安があった。

「いい家」が欲しい。この本に共感し「住み心地」を保障すると言われても

どこかに不安が残るのは当然かもしれません。

※宿泊した結果

このまま「涼温な家」で話を進めていきたい‥!

お役に立つことができひと安心。

いまの時期は体感ハウスの温度設定は日中は暖かいので「送風」夜間は「暖房」

昼はエアコンOFFでもいいのだが、エアコンを「送風」にすると

室内への給気量が数倍増えます。 

涼温な家の特徴は?

「エアコンの風と換気の風がドッキングしたマイルドな空気と大きな風量」

一般の人はこの単なる冷暖房ではない「マイルド空気感」を体験したことがないと思う…

「エアコンと換気」をドッキングするシステムは、イギリスのメーカーでも提案されていて

ドイツやアメリカ、中国、日本からも引き合いが来るそうです。

ご存じでしたか?

弊社ではこのマイルドさを何度も繰り返し訴えているのですが、ピンとこないかもしれません。

伝えることの難しさですね

弊社体感ハウスでは大手メーカーのような「おもてなし」はできませんが、

普通仕様で飾りっけのない「涼温な家」お気軽にご利用ください。

そして、大手ハウスメーカーの「体感ハウス」にもお泊りになって

「住み心地」を比較してみて下さい。

住み心地"宿泊"体感ハウスはこちら

co_navi/ehN20160610103632-779.html

お客様は寝室の隣にある機械室の音が少しうるさく感じたそうです‥

これまでの宿泊客にはなかった「機械音」の感想でした。

それは階段室側に設けた機械室の開口部から漏れる音。

おそらくですが‥キッズルームにしている部屋がその開口部の真正面なので

ドアーを開けていて音が気になったのかもしれません?

ドアーを閉めるとその音はほとんど気になりません。

宿泊する前の事前説明に問題ありですね。

階段室に漏れる音にしても私には冷蔵庫の音とそれほど変わらないように思いますが

音の種類によって感じ方は個人差があります。

※開口部の位置をずらすことは可能ですが、体感ハウスの間取りでは今の位置がベスト。

お客様は現在プラン中なので機械室の位置を変更するか

「遮音シート」で音を軽減するか?建てる前でしたら音問題はどうにでもなります。

奥様は○○工務店に不満を感じたらもう「涼温な家」しかないね‥とも

★ エアコンは室内空気を吸って冷暖房を造ります。

機械室の小さな開口部はエアコンが作った冷暖空気を回収する重要部です。

エアコンを小さな空間に閉じ込めてなりません。エアコンが機能しなくなります。

 

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントの案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な情報をタイムリーにお送り致します

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

記事一覧|住み心地の保証

1ページ (全6ページ中)

ページトップへ