社長ブログ

社長 自己紹介へ

浮遊するカビ菌、微小粉塵を速やかに排気する

「いい家」をつくる会。はどこにもウソのない、正直を工法とする家造り。

契約しようとするまさにその日その時、最新で最善な工法を提案する。

 家造り失敗事例の多くはシロアリ対策と24時間換気、この2点に多くみられます。

シロアリと換気は建築知識とは別分野であり、多くのビルダーは専門知識に欠けている

そのためメーカーの主張するカタログ表記を鵜呑みしてしまう…!

メーカーは人の役に立つものを造るけれど、売れるものなら何でも造ります。

とくに、24時間換気はメーカーにとって未解決な難問が多い。

家に何を求めるのか 以下、 本より抜粋

多くの人は不都合な第三種換気に目をつむっている。

第一種換気の問題を知りつつも、目をつむらざるを得ない。

第三種換気の枕元にある吸気口からは間断(かんだん)なく冷気と音が入ってくる。

梅雨時や夏には湿気が、冬には乾燥した空気が入ってくる

理想は第一種換気なのだが、給気ダクト内部の汚れとメンテナンスの困難さ!がある。

そこで 新換気センターダクト方式の登場 以上 コチラ参照

換気は家屋の最重要課題‥健康に直結です。

長時間浮遊するカビ菌や、アレルギーの原因となる化学物質を速やかに排気する。

シックハウスはカビ菌と大量に持ち込まれる化学物質長期『複合接種』を考える。

関連記事

さらに「いい家」を求めて。 久保田紀子著より

いい家だと信じた家に苦しめられる…

ハウスダストとシックハウス症候群、化学物質過敏症状のことだ。

だれも、これこそがいい家なのだと信じて手に入れる。

その結果、家に苦しめられる人は決して少なくない

敏感な人ほど家にいじめられるのです。体の弱い人は敏感です。

これまでの家造りは、その人達に対して鈍感すぎていました。

温度にも、空気や音、臭いに対しても、住宅展示場も、設計士も

建築家と称する人たちも鈍感であり過ぎます。

家にいじめられる! その言葉は私の心にこだましました。

化学物過敏症の人は国内で
100万人とも言われ

じつはその10倍ではないかという見方もある。以上

肌で風を感じなくても、浮遊粉塵を強力に排出する排気口

排気口は各部屋に2ヶ所設ける、玄関にも2ヶ所

 

関連記事

●生まれて初めて家の中の空気に『感動』した。

さらに「いい家」が欲しい。本では

玄関を入った瞬間、これまで味わったことがない空気を吸った。

『なに、これ!って思わず叫んだほどの感動は、今も忘れられない。

シロアリ対策まちまちな主張 

ネットで見つけたシロアリ裁判、シロアリ業者の主張はまちまちで

工務店の言い分14,000 棟を建てて、初めてのシロアリ食害です ‥

その後、次々とシロアリ被害が明らかになった。

●構造内部の結露『一軒も起きない』と主張していたが?

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧

1ページ (全145ページ中)

ページトップへ