社長ブログ

室内空気は『排気』の分だけ空気が動く

社長 自己紹介へ

昨夜は久々に湿度が高くなく、爽やか! 秋ですね

体感ハウスのエアコンがOFFでも良かった。年間通しても珍しいことです。

 換気システムが義務化されても、換気風量の測定が義務化されていません。

 住宅の換気は換気回数が0.5回/hと定められていて、一時間に建物の半分、0.5回が外気と室内空気が入れ替わる。

ところが、風量測定が義務化されていないため換気風量の測定を実施しなくても良いのです。

弊社では建築中と、確認のために完成後にも行う。完成後に風量不足に気付いても天井裏のダクトは手直しが困難

写真は排気ダクトの風量測定。室内空気は排気の分だけ空気が動きます。極めて重要な排気の風量測定

●キレイな空気の追求⑥

外には気になるPM2.5、だけど我が家は爽やか空気? 微粒子用フィルタ―搭載
換気カタログには何を書いても自由! 換気メーカーの微々たる風量に気付いたのは20年前
メーカーの技術者は、パイプファン換気を国が認めるのはおかしい‥メーカーは売れる物を造ります。

以下。いい家が欲しい。より抜粋

2003年から機械換気の設置が法律で義務付けられたのだが、維持管理について

国を始め大手ハウスメーカー、並びに造り手のほとんどが触らぬ神にたたりなし」的態度を続けている

10年が過ぎる頃から、それが問題化するであろうと危惧する声が高まっている。以上

天井裏は狭い、排気のダクトだけでも天井裏はいっぱいになる。

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全130ページ中)

ページトップへ