社長ブログ

基礎の外断熱と内断熱どこが問題

社長 自己紹介へ

壁と屋根の外断熱はできても、なぜ多くは基礎の外断熱をやらないのか?お客様からの質問

薬剤を使用しないシロアリ防蟻の確かな技術がなければやってはなりません。

写真は基礎の内断熱、アンカーボルトの結露も心配になる‥(弊社の基礎ではありません)

 土台の金物が腐食した築6年の家 (日経ホームビルダーより)

結露対策なしの基礎ではこういうこともあり得る‥?

ひと昔前はとても考えられなかった。現場に何か異変が起きているのだろうか

軟腐抗菌に侵された土台材

腐朽菌に侵された土台・アンカーボルト・クも菌が分泌する有機酸で溶けてしまう!

基礎の外断熱は金物の結露を防ぎ、土台の腐食を防ぐ

 

基礎が外断熱でも薬剤入り断熱材に注意、薬剤入り断熱材はいかなる薬剤であっても効力期間があり

いずれ貫通されます。

 外断熱とミラポリカ断熱材は玄関土間の断熱を可能にします。

床下の通気性を高めるポスト基礎

●構造内部の結露を考えてみよう

シロアリの食害、木部の腐朽‥‥近年、築10年未満などの築浅の木造住宅で、
そんな生物劣化が数多く見つかっている。

基礎断熱について 「いい家」が欲しい。より抜粋

ところで基礎を外断熱にするからシロアリに侵入される、だから内断熱にすべきだという 

考えがあります。 

しかし外断熱の家は、基礎も外断熱にすることでコンクリートの劣化を 防ぎ耐久性を向上させ、

熱容量を活用でき、住み心地の向上と床下と床下環境の改善に役立つ のですから、

内断熱にしたのではメリットが大きく失われてしまいます。 

断熱の研究が盛んなヨーロッパでは、コンクリート躯体を内側で断熱することは 

建築物理の非常識であるとされています。 

肝心な基礎を内断熱にして外断熱の家と称するのは偽りです。 

これから外断熱の家に関心を寄せる人たちは、

シロアリを恐れて非常識でおかしな 家をつくるのがいいのか

それとも確かな防蟻を図った上で外断熱のメリットを活かすのか

基礎という部位において二通りの選択を迫られます。 以上

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全132ページ中)

ページトップへ