社長ブログ

社長 自己紹介へ

快適な「住み心地」を保証してくれますか?

Q.空気のキレイな家を保証してくれますか?

Q.快適な住み心地を保証してくれますか?

家づくりは、この二つの質問から…

 ↓下は大手ハウスメーカーのカタログより、1時間に5回室内の熱を天窓から排出

29℃でも快適な夏へ 

 天窓は本当に快適だと思いますか?

弊社事務所では屋根裏に3か所の天窓を付けてみた。

 天窓を開けると

排熱効果は申し分なく良いのだが、外気音がうるさい。

車両のは意外なほどうるさいのです。静粛な住まいに慣れてくると騒音には耐えらなくなる。

現在では天窓を開けることが、ほとんどありません‥

また、換気システムについて

家の中は常にきれいな空気

高性能換気システムを加えることで

室内の汚れた空気を排出し、外気は浄化した上で取り込むという

理想的な換気ができます。以上

高性能換気システムとは、果たしてどのような換気システムなのか?

北海道の住宅研究所では換気不良の原因として、ダクト施工をあげている。

換気風量は、公的機関による校正を行った風量測定器

換気量を測定し、設計風量と同等になるように調整すべきです。

●換気を全く信用していない建築を教える教授

ほとんどの換気システムは、必要換気量を満たしていない…

空気の流れが途中で止まっています。

排気ダクトだけでも天井裏はいっぱいになる

ここに給気ダクトがあったなら、折れ曲がるダクトだらけになってしまう

キレイな空気を室内に供給するは、給気ダクトを天井裏に入れてはなりません。

 ●これからはキレイな空気を競う時代。

健康に暮らすには湿度50%のサラサラ空気を、恒常的につくれるか否か!

●快適さは『湿度調整』でまるで変わる

●外気利用は、泥水で行水を行うがごとし‥

●自然通気は期待できるほどのものではなかった。

 換気の講師は25年ほど前、NHKクローズアップ現代に出演し

自然通気利用による通気工法を解説していた

●換気を疎かにして『最適湿度』は何千万かけても造れません

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧

1ページ (全145ページ中)

ページトップへ