社長ブログ

真夏の快適さは"湿度"だった。

社長 自己紹介へ

日中は暑いですね、夜間は相変わらず"湿度"が高い

センターダクト換気は夏の暑い日、"湿度”90%の外気を60%ほどに変換し室内給気します。

この意味お解りでしょうか?

新換気 SA-SHEの家

温度と湿度を交換できる換気装置を全熱交換式と言います。

対して湿度を交換しない換気を顕熱式といい、全熱式は高温多湿の地域

顕熱式は寒冷地に向いている。ヨーロッパでは顕熱換気が主流になっています。

その温度と湿度を交換する性能を交換率といい、涼温換気の温度交換率は85%を超え、

湿度交換が70%~80%。もちろん国内最高水準の交換率になる。

これは大型エアコンと換気がドッキングしたベンチュリー効果、霧吹きの原理によるもの

真夏の快適さは〝湿度

換気本体が大きければ大きいほど、熱交換器が大きければ大きいほど交換率が高くなります。

大きな機械を見ても感動しませんが、これからの住まいは機械の否定は科学を否定することでもある。

関連記事
●自然通気、自然換気は『湿度』を除外した抒情の世界
自然換気の「床下から入る外気」とは、いかなる空気なのか‥
PM2.5・排気ガス・土埃・花粉・騒音・ダニの他に湿った空気の侵入。
一歩間違えれば健康を害す‥

●換気ダクトは必ず汚れます。汚れの原因を知る
黒い色は有害なSPM(浮遊粒子状物質)を含みます
含有元素分析で土壌と大気汚染に由来するアルミニウムなどの元素を多く検出した。
換気フィルタ―を一年間放置すると真っ黒になる(涼温換気ではありません)
センターダクト
に移行する前の一般的な第一種換気装置
試験的に室内に吹き出す給気口に薄いフィルターを付けていただいた

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全130ページ中)

ページトップへ