社長ブログ

高気密な家の臭い問題と24時間換気

社長 自己紹介へ
2019/04/09(火) 空気と換気

龍ヶ崎は桜満開 朝方の桜、それにしても春は昼夜の寒暖の差が大きいですね

本物の「高気密高断熱の家」に住んでみると、これまでに気付かなかった
さまざまなことに気付かされます。

玄関ドアーが重くなった原因が、レンジフード換気扇の問題だったなど最近まで知らなかった。

●なぜ急に玄関ドアーが重くなったのか、その原因がレンジフード換気だった。
レンジフード換気は高気密高断熱家に全く対応できていない。
同時給排気換気といっても排気と給気が同じ風量ではなかった。
給気量は排気量の半分ほどでしかない‥

またトイレの水を流した際に洗面室のトラップ(臭気止め)の水を引っ張ることもある。
これも知らなかった。ちょっとした器具を付ければ解決。

窓を開けない暮らしが始まっています。しかも一年間通して窓を開けません。

高気密な家の暮らしになって、最も重要で注意すべきは24時間換気なのですが‥
一般の人は換気について多くのことが、知らない知らされていなかった‥ここに気付くことでしょうね。

下の写真は10年前、換気メーカー担当者によるお客様を交えての換気研修。

 

当時はセンターダクト換気が完成していなかったので、換気メーカーの標準装置だった。

いま振り返ると、換気メーカーの換気とは簡易型換気と呼ぶものであって
本格的なセンターダクト換気とは雲泥の差があった。

高気密な家には本格的換気、畳1枚ほど大きな換気装置が必須でその安心感は強く大きい。

利根町のお客様は魚を良く焼くそうで、始めは機械換気の使い方を知らなく戸惑いもあったようです。

涼温な家は臭いの元さえなければ2時間で臭いが消えます。一日中料理の臭いが消えなかった家が

買い物から帰るとすっかり消えている。窓を開けない暮らしと臭い問題は換気問題でもある。

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧

1ページ (全122ページ中)

ページトップへ