社長ブログ

社長 自己紹介へ

最大の特徴は速やかに汚染物質を排気する

センターダクト換気、最大の特徴はスピ−ディーに汚染物質を排気する

空気が気持ちいいと感じる条件は、給気から排気までの距離と時間が短いこと

給気口とは太い空気の筒[センターダクト]から新鮮空気を吹き出す

排気口とは人の汚したCO2 ・化学物質を含む汚染物質・余分な湿気を排気するダクト

 一般的な換気システムは、洗面室やトイレようなダーティーゾーンに排気口があり

給気から排気までの距離が長すぎるのです。

そのため空気の流れが途中で止まってしまう。それはおかしくないだろうか?

玄関の「湿度」が洗面室よりも高いわけは、空気の流れが途中で止まっている。

関連記事

●換気を全く信用しない大学教授

建築を教えている教授が体感ハウスに見えて…

ほとんどの換気システムは「必要換気量を満たしていない…

空気の流れは、途中で止まっています。

換気システムの良し悪しは『臭い』でチェック!

●空気が室内にとどまっている時間を空気齢といい

多くの、全館空調ハウス空気の滞在時間、空気寿命が長い

空気寿命の長い空気は『室内空気汚染』を免れません。

以下、ネットで見つけた記事では

全館空調なので家の中全体を空気がいつも循環しているため

埃まで一緒に常に飛んでいます。掃除機で吸っている床の上の埃より

浮遊している埃の方が多いと感じる位ですもう一度マイホームを建てたいな!

以上

一般の人は新築前に換気システムの臭い軽減時間を比較できませんが

家造りに失敗しないため、ぜひ空気を比較してください。以下宿泊感想

●今までの宿泊体感ハウスで一番快適でした。

薬を飲まずに済んだ!しくみがシンプルなので、より質の高さを実感できた。

★住み心地体感ハウス見学★(要予約制)

●体調不良は化学物質過敏症、シックハウス症候群を疑え

アレルギー症状を起こす化学物質は、室内空気に存在しているのです。

環境汚染の海の中で暮らす現代人は、私も? あなたも? と疑ってみる必要があります。

家屋は換気が最重要テーマ、人の肺を空気清浄機として使わないでください。

以上、北里病院の医師、石川哲、宮田幹夫著より抜粋

●24時間換気の盲点は換気を知らない優秀な建築士

問題はココ、換気については国が建築士に対し、積極的に指導すべきなのです。

スウェーデンでは以下の本が一般市民、設計会社、ハウスメーカー向けにつくられ

換気テキストとして広く使われている‥建築関係者以外の人が驚くほど換気に詳しいそうです。

●室内空気は大きな風量がポイント

新鮮空気の量酸素量」健康増進をupさせます。

血液と同じ意味をもつフレッシュな空気

室内空気は排気の分だけ動きます、排気は空気の駆動力

《住み心地感想》

●騒音から解放される家が欲しい!~千葉県~

飛行機騒音から解放されたご家族

●空気熱を運ぶには大きな風量が必須、空気熱は消える魔球

吹き出し口に近いところは勢いがあるが、その勢いは少し離れれば消えてしまう

 イベント予告ページはコチラへ

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧

1ページ (全144ページ中)

ページトップへ