社長ブログ

 断熱と気密は価格がアップ。

《でも、そこまで完璧にやらなくてもいいのでは?

手間をかければ価格がアップするのは分かる、でもどうしてそこまでやらなければならないのか

数値化したら大きな違いがないと思う、

基礎の内断熱と 基礎外断熱にしても 床下温度差はせいぜい0.5~1℃ くらいじゃないの?》

以上お客様からの質問。

基礎の外断熱は床下の湿気と結露対策、カビの増殖を防ぎシロアリ対策のため

床下の結露とカビを防ぐには、基礎も外断熱にしなければなりません、とお答えしたら

初めからそういってくれればいいのにと言われた。

基礎の内断熱は基礎と土台を緊結するボルト結露します。

関連記事 結露対策なしの基礎、ひと昔前は考えられなかった。現場に何か異変が起きているのだろうか

●基礎の外断熱と内断熱どこが問題?

家造りは健康への投資

それは家中のカビ菌や微小粉じん・浮遊する化学物質を減らし、余分な湿気を排出し

カビの増殖を防ぐこと。つまり換気ですね、換気の良し悪しが健康を左右する時代

 もう一つは、見えない構造内部にカビを発生させない湿気対策。

ひたすら断熱・気密を高め隙間をなくすのは、省エネのほかに

構造内部と居室を同時に通気・換気するカビ対策ですね

イラストには断熱気密ラインが完璧に描かれていても、現実はサーモカメラで明らかなように隙間が多い。

長期優良住宅は建物の隙間を問いません。瑕疵担保責任保険にしても結露被害は原則として自然現象扱い。

湿気と結露とカビの相関関係とは、結露が増えるとカビ・ダニも同時に増える

人の身体は丈夫にできていても、ある日突然アレルギー疾患に襲われます。

以下、関連記事

 ●家造りの目的は省エネだろうか?

国の政策を守っても人を幸せにしない‥法律とはそういうものですよね‥とはお客様の話

●体調が良くなり、熟睡できるようになった。

車イスでも快適に過ごせる介護仕様の『涼温な家』
毎日15回以上も寝起きを繰り返していたお母様が、熟睡できるようになった。

●換気をよくしない限り、室内空気の健常性は保てません。

畳表はイグサではなく和紙の畳表がお勧め!今のイグサは防虫剤を含んでいるのか?昔の臭いと微妙に違う

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全137ページ中)

ページトップへ