社長ブログ

社長 自己紹介へ

大地震への備え‥突きつけられた課題

熊本地震では筋交いの破断と柱の「引き抜き」が多数みられた。

従来からの  筋交いは引き抜きに弱い‥日経ホームビルダーより

「いい家」が欲しい。本では以前から筋交いの引き抜きの欠陥を指摘している。

木造の筋交いは圧縮には利くが、引っ張りには利かないというのが以前からの常識であった。

それは引っ張りに強い木材の性質を活用するのに、適した金物が存在しなかったからだ

しかし三角形の鋼板入りの合板を用いる「ガセットプレート」で接合することにより

木材の本来の引張り力を存分に発揮できるようになる。

そして筋交いと土台の接点に適度なクリアランスを設けることで

圧縮時の突き上げによる柱への破壊力を逃がせる。それが「TIP構法」の優れたところだ。
以上

ガセットプレートとは緑色の鋼鈑入りの合板

TIP構法の強さは3.11の震災でも証明されている。

茨城北部で大きく揺れた地域でも構造体に何の損傷がなかった。

内装材のボードにヒビが入った程度で「構造体」に狂いがない、ということは

軽微な補修で済むということです。取手で建築中、2021年12月11日記念のライトアップ

熊本地震はアパート倒壊も多かったようだ‥アパートに限らず多くの造り手は建築基準法を守りつつ

価格と品質を下げるのです。突きつけられた課題 日経ホームビルダーより

建築基準ぎりぎりの耐震性能の建物被害が目立った。

耐震に余裕を持たせた設計を検討していく必要がある以上

余裕ある耐震とはまさにTIP構法。耐震等級3+TIP構法が耐震強度になります。

●新潟地震では筋交いの突き上げ破壊が多く見られた

新潟地震はマンホールが飛び出すような、突き上げの強い地震だった。

下は圧縮時の筋交いによって、壊された柱の破壊

筋交いと土台の接点にクリアランスを設け圧縮被害を防ぐ

鋼板入りプレートは引き抜きと圧縮と両方の筋交い補強を可能にした

TIP構法は大地震に強い!

   そこまでやるの‥TIP耐震構法

内部結露長期優良住宅の敵は“生物劣化”カビ

壁のなかに関心を持ち、詰め込まれた水を含む断熱材の『カビ』を考えてみよう ‥

現実化してきた100ミリ断熱の得と損

家全体の結露を防止するには、板状の断熱材で建物をスッポリ包み

外気との温度差をなくし且つ、センターダクトのような本格的換気によって

構造体を含む、家全体の湿気を確実に排出する。

 

 

記事一覧

1ページ (全153ページ中)

ページトップへ