社長ブログ

社長 自己紹介へ

環境先進国に学ぶ健康と換気

スウェーデン建築計画委員会出版「住宅と健康」の翻訳本

この本は20年前に購入していたが、やたら難しく読むことのない本だった。

なぜ、難しく思えたのか? それは家造りに長く携わっていても、換気の基礎知識がなく

本格的な換気研修を受けるまで、正しい換気を知る機会がなかったのです。

ココは私だけではなく、全てのビルダーの問題!!

換気の基礎知識を、誰からも知らされなかった。

家造りの盲点は換気であり、換気で大失敗しないよう‷注意警報‷

以下「いい家」が欲しい本より抜粋

『健康に直接影響する換気が、造る側の都合のいいように選択され

取り付けたら最後、アフターメンテナンスを一切しないで

ほったらかしされたままになっているケースが圧倒的なのです以上

住宅と健康この本は国が一般市民とハウスメーカー』に向けて書かれた本であり

企業の新人研修や学校教育でもテキストとして広く使われている。

湿気の発散と不十分な換気

 

住宅と健康、から抜粋 

1日の間、我々はそれぞれおよそ10,000ℓの空気を肺に通している。

これは巨大な量である。重さで見ると人間は食事量の20倍以上

水分の10倍以上の空気を消費している。

外気はファイバー、ススなどを含んでいて、健康の観点から問題がある。

加えて植物繊維からの有機物やバクテリア、花粉、胞子のような有機物質も含む。

それらは約99.99%が直径1μmりも小さい。

我々の呼吸器官のフィルターシステムも大きな粒子に対処するほうが簡単である 。

身体の防御システムは大きな粒子ならば鼻、のど、などの粘膜である程度対処できる

問題は1μm以下の微小微粒粉塵以上

記事一覧

1ページ (全147ページ中)

ページトップへ