社長ブログ

恐怖のカビ、アスペルギルス

社長 自己紹介へ

日、体感ハウスにお見えのお客様はシャープのプラズマクラスター空気清浄機を部屋に2台置いているという…

娘さんが肺を患っていて、それも重症のようです。

退院しても自宅の空気が心配なので建て替えを検討している。

研修で恐怖のカビ「アスペルギルス」を知ったばかりなので驚きましたね…。

まさかその症状ではないでしょうが、

肺炎を患う人は思った以上に多いかもしれません。
アレルギー症状はある日突然、コップの水が溢れるように発症します。
且つ、いま自分の身体に蓄積されている化学物資の量を誰もが知らないでいる。
今の住まいは一にも二にも換気=キレイな空気なのです。

プラズマクラスターにその効果なし…」と消費者庁から指摘されたのは2012年
なぜあの大手のシャープが景品表示法違反を…?

それよりも知って欲しいのはフィルターの管理。
どんなに優れた空気清浄機も換気していません
新鮮な外気と室内の空気の入れ替えをしていません。

使用するならば、空気清浄機は換気システムのささやかな補助として使用すべきもの‥

そして換気も空気清浄機もフィルター清掃を絶対に怠ってはなりません。

フィルター清掃は少しでも面倒だと感じたら間違いなく長続きしません。

フィルター清掃の容易性はどのようなフィルターでも最重要テーマなのです。

研修で知った「恐怖のカビ」アスペルギルスとは 以下、NHKおはよう日本より
「アスペルギルスは、私たちの身の回りに存在するカビの1つ。
花粉症と同じように、吸い込むと、アレルギー症状を引き起こします。
最初は、軽いせきや微熱が続く程度ですが…。
長い期間にわたって吸い続けると、人間の体温を好むことから気管支に住みつき

組織を破壊。最悪の場合、呼吸不全などで死に至ることもあります。」

記事一覧|2013年12月

ページトップへ