社長ブログ

ハウスダストとシックハウス症候群

社長 自己紹介へ

ハウスダストによるシックハウス症候群が増えつつあるようです。

化学物質過敏症の
症状は花粉症のヒドイ状態だと思えば分かりやすい、と言う。

カビ臭い家に3年も生活すると何らかのアレルギー疾患が発症するというから、

『多くの人はたいへん危ない家に住んでいる ことになる』

結露・カビの原因をもとから絶つ‥それには家全体の温度差をなくし

確かな“換気”をすることですが 、まだまだ知る人ぞ知る換気』 換気と通気通風は違う!

換気とは?室内の汚染空気と外気との入れ替え、つまり換気の主たる目的は酸素の供給』です

空気清浄機をいくつ付けてもシックハウスの治療になりません。

●空気清浄機も換気システムも空気汚染の元に‥

空気清浄機に頼ってはいけない。仁科剛平著

空気清浄機に頼ってはいけない

一般の空気清浄機は置いてある付近の空気しか浄化することができません。

換気のように広範囲で空気の浄化ができず、部屋全体の汚染物質を捕まえることは不可能です。

空気清浄機をつけているからといって

換気をしないのは室内の空気汚染の元になってしまいます。以上

 以下住宅と健康」早川潤一著より

スウェーデン滞在中にシックハウス症候群が国家的取り組みで行われるのに心を動かされた。

究極の目標は、供給される空気が屋外空気よりさらに清潔でなければならない。

室内空気質とアレルギー対策になぜ換気が必要か

換気の主たる目的は酸素を供給することである

「 空気を使い果たしてしまったようだ」
というのはスウェーデンでは良く使われる言葉だ。

実際、呼吸による二酸化炭素やその他の汚染物質は部屋の中で増加し、

人々に不
快感をもたらしている。

1991 年スウェーデン国会は都市計画・改正案を通過させた。

これにより、換気システムは機能的検査を受けなければならない、

換気システムは全てのエリアで意図された換気量が得られるよう調整されなければならない、

シックハウス問題は、社会問題であり医学・建築・環境と広くまたがっていること、

スウェーデンだけでなく世界共通の問題であること、

第2に建物内で人々が起きている症状と医学的根拠。

第3 に室内空気汚染物質の建築材料からの発散にどのような対処が必要か。

第4に、長年にわたって健康を阻害する室内環境因子でもあった『湿気』について、

第 5 に室内空気汚染の対処方法としていかに換気を活用すべきか>と第 8 まで続く。

「住宅と健康」の翻訳者は

『スウェーデンの気候や環境は日本事情に当てはまらない部分もあるが、

問題を考えるうえで貴重な知見を提供している』以上

関連記事

●ようやく換気を知る工務店を見つけた‥

これから高気密化の進む住宅で最重要な“機械換気”
ところがその換気の重要性を認識し、 理解できるユーザーは極めて少ない。

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全137ページ中)

ページトップへ