スタッフブログ

宿泊体感アンケートより~お客様の声~

山口 啓子 自己紹介へ
2019/08/10(土) 山口啓子宿泊体験記

「体感ハウスに宿泊してまず感じたことは、家中が同じ温度だということです。」

この度、お泊り頂いたのはアクティブな趣味を楽しむO様ご夫妻です。

各地の大会や東京マラソンなどを完走される健康的お二人です。さて、どのようなご感想を頂けたでしょうか、楽しみです。

 

冒頭にある“家中が同じ温度”のコメントは実際に多くのお客様より頂くことのある点ですが、それに続くO様奥様のコメントがとても心に残りましたのでご紹介します。

 

「家中が同じ温度だと、どんなに便利だろうと考えさせられたんですよ~。

 実は、今住んでいる家には夏や冬に行きたくない場所がありまして…」

これを見た時、ドキッとしました。

我が家にもあります!と言いそうになりました。

多くの方が感じていながら、仕方ないことと諦めて、考えようともしない現実が存在しますね。

「涼温な家」とは…(上手く伝わるか不安ですが)季節ごとの防御する武器を持つのではなく、涼温換気システム1つの操作にすべておまかせで四季を問わずに守られるといった感じと思うのです。

 

「涼温な家」の空調システムは24時間機械換気だから、電気代がもったいないと言われることがあります。

でも、夏や冬に行きたくない場所を作ってしまう方が、もったいなくないですか?

「涼温換気システム」のメリットは床下も壁の中も天井もきれいな空気が行き届き=劣化の心配が少ないです。

家の隅々まで、それこそ無駄なく利用できるのです。

居住空間がマックスに使えるということは、広い坪数など必要なくて済みます。

夏用、冬用の冷暖房器具を持たずに、分厚い寝具なども手放して身軽に安心して暮らせます。

ですから、

弊社の社長は、「大きい面積の家は必要ないよ」と口癖のように言います。

13坪の居住スペース(仮の)を余すことなく、利用しつくしている社長ならではの意見です。とても快適だそうです。

新居では家中が夏や冬いとわず行きたい場所になると思います。

O様は、すでにご契約を頂いているお客様ですので見る観点や真剣さも違う気がします。

貴重なご意見有り難うございました。暑さに負けず頑張りましょう!

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧

1ページ (全103ページ中)

ページトップへ