スタッフブログ

災害時のお役立ち情報 -その2-

庄司由香里 自己紹介
2018/11/15(木) その他庄司由香里

 お疲れ様です(^^♪

今回は防災備蓄食料について―。

我が家も災害用に保存食を準備しています。ペットボトルの水、乾パン、缶詰、その他…。防災リュックに詰め込んで、忘れて…気が付いた時にはいつも賞味期限が切れてます(>_<)

そんな結構無駄になってしまう災害用の保存食。消費期限内であっても乾パンなんかは…あまり食べたくないのが本音です(笑)

しかし、今は「日常の中に食料備蓄を取り込む」という考え方があるそうなんです。

普段から少し多めに食材や加工品を買っておき、使ったら使った分だけ新しく買い足していくことで、常に一定量の食料を家に備蓄しておく方法を「ローリングストック法」と言うそうです。

「ローリングストック法」は、日常生活で消費しながら備蓄するので、食料等を一定量に保ちながら、消費と購入を繰り返します。備蓄品の鮮度を保ち、いざという時にも日常生活に近い食生活を送ることができるそうです。

お茶や水などの2Lのペットボトル類。ツナ缶やコーン缶などの缶詰類は日常生活でも使うことが良くあります。またお湯でゆでるだけの乾めん類。カップラーメンやカップスープ類(我が家では東日本大震災に大活躍しました。暖房も止まって冷えた体に、暖かい食べ物は、心も身体もホッとして効果抜群でした!)。お菓子類も子供たちにはうれしいですよね。今は食品も豊富に揃っているので「保存食」で無くてもいいのです。

そんなローリングストック法の強い味方が「カセットコンロ」。なので、備蓄する食料と合わせてガスボンベも、日常で使いながら一定量を確保しておくことが大切ですね。もちろん、準備可能であれば石油ストーブ&灯油でもいいと思います。

 我が家はIHなので、お鍋の卓上用に「カセットコンロ」使っています。

災害時だけでなく「日常生活にも使う」という考え方はとてもいいと思います。

 

 

 ●「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧

1ページ (全97ページ中)

ページトップへ