スタッフブログ

サッシ窓の調整は重要、しかも簡単

山口 啓子 自己紹介へ
2019/10/14(月) 山口啓子「家」コラム

台風の風力はすさまじいものですね。

 

「台風が上陸」のニュースが流れる頃になると、私の部屋のサッシから”ピュー””っと音が鳴り始めました。

風圧もかなり感じるようになったので、樹脂製のペアサッシに顔を近づけてみると…わずかな風と雨が舞い込んでくるではありませんか!

外を見るために窓に近づいたものの、今度はサッシが気になって仕方がない。

すると、サッシの下の方に鍵(クレセント)の調整の仕方というシールが貼ってあることに気づきました。

そもそも調整は自分でするものであったのだろうか?

恐る恐るドライバーを手にカバーを外して、手順に沿ってねじを締めてみました。

突風の度に隙間の開き具合を確認しながら、真剣に集中して少しづつ。

あれ、何だか音がしなくなった!やったー、風の漏れも感じないぞ!スゴイ。

こんなに簡単に、隙間調整って出来るんですね。知らなかった‼

家って暮らしながら住みやすく調整していくものなのだなーと実感しました。

嵐の夜に希望の光を見るとは思いもしない体験をしました。

そんなことをして感動している間に、台風が通過して私の部屋も安泰になりました。とさ…

女性スタッフから台風なのにどうしてここは静かなの…という質問があった。
快適な暮らしは静かであることがゼッタイ条件となる。
外気音は引き違いサッシの隙間、床下換気口、その他小さな隙間から侵入します。

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全100ページ中)

ページトップへ