スタッフブログ

光熱費にお金をかけない良い暮らし♪

松尾 有希 自己紹介
2017/12/27(水) 松尾有希「家」コラム

今冬は世界的にも大寒波のようで、関東も雪が多くなりそうな予報を耳にしました。

子供の頃は単に喜んでいた雪も、大人になり現実の生活では交通事情だけでなく、暖房器具の光熱費に家計を圧迫され、全く喜べない季節になっている方が多いのでは無いでしょうか。(;^_^A

我が家は、結婚当初はアパートに住んでいましたが、その後アパートの家賃とほぼ変わらない2階建ての戸建て賃貸を見つけて引っ越し約一年半住みました。

戸建てなので部屋数や収納も多く広さもあり快適と思っていましたが、住んでみて初めて家の質の悪さというものに気が付くことになりました。

●最初は、カーテンレールがあまりしっかり付いていない箇所があったので、付け替えようとした時にすぐに壁がスカスカなのが分かり!断熱材すらほとんど使われていないのでは!と思うほど。
●夏はリビングのドアを閉めていると廊下はもちろん、2階ともなると夕方エアコンをつけても全く冷えないくらいの暑さになり、西日のあたる部屋に関しては使う気にならず、結局はほぼ物置の為だけにあるようなもの。
●1階・2階と数か所ある掃き出しのサッシから伝わる熱や寒さもかなりのもので、当然冬は寒さとの闘い。
とにかく結露が酷くて掃き出しだけでなく、出窓のカウンターにも何も飾る気にならない程。
●広さがある分、各部屋のエアコンだけでなく、こたつにホットカーペットに赤外線ヒーター、更には石油ファンヒーターまで使っていました。

それでも、暖かいのはその部屋だけで、廊下や洗面脱衣所などは寒さに震えていました。

快適さを求めて戸建てに引っ越したはずが、電気代と灯油代に加え、オール電化ではないのでガス代まで含めると毎月何万もの光熱費負担に襲われることに!!!

結局、家賃はアパートと同じでも増えた光熱費のことを考えると、単純に家計が苦しくなるだけという悲しい結果に・・・。 

ですが、お陰でこのままそんな無駄な光熱費を払い続けるくらいなら、断熱・気密のしっかりした省エネ住宅を建てて光熱費を削減し、その分のお金を住宅ローンに当てた方がよっぽど良いんじゃないかと考えるようになったのが、マイホームを建てるきっかけとなりました。

もしその戸建てに住む経験をしなかったら、そこまで光熱費について考えることも無かったので、マイホームを建てる時は部屋数が多く広ければいい!デザインが素敵なら!と、家の性能には全く目を向けられなかったと思います。

今までは安い新築などを見ると、どうしてこんなに安く出来るのかと不思議に思っていましたが、なるほど!見えない部分を削れば家はいくらでも安くは出来るということか!と納得でした。

お陰で現在の家の光熱費は、特別節電をしなくても年間通してその時の3分の1で済んでいます。

無駄な光熱費を払い続けることにならない為にも、家の性能はとても大事ですね。

ただ1つ、残念ながらきれいな空気は伴っていません。

換気に関してだけは、我が家の全く気づけなかった・・・辿り着けなかった・・・マイホームの後悔です。

家族が健康に暮らす上で何より一番重要な部分なはずなのに、デザインや間取りと違い、後から気づいたところでどうにもならない部分ですものね。

 

これから、マイホームを計画される方には後悔しない為にも、高気密・高断熱・換気と全てが備わった『涼温な家』家を手に入れてもらいたいです。

 

以下【社長コメント】

家造りに失敗しないため換気メーカーの換気システムを過信しないことです。

キレイな空気を求める人のなかには、肺を患う人、

重い化学物質過敏症・シックハウス症候群で悩む人

きれいな空気に藁をもすがる人がいるというのに‥

換気メーカーのカタログを見るとキレイな空気だと錯覚してしまう。

キレイに描き過ぎです‥!

戸建住宅の換気システムはいまだに未解決な多くの難問を抱えています。

20年間の換気比較体験記

co_mame/hod20140817200603-680.html

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントの案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な情報をタイムリーにお送り致します

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪                    

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

記事一覧|松尾有希

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ