スタッフブログ

吉犬クン 自己紹介

「日本の夏」は「アフリカの夏」より過酷!?

2015/07/24(金) その他

お疲れ様です♪

 

本日は『エコハウスのウソ』という著書を読んでいてビックリした記事について―

『「日本の夏」は「アフリカの夏」より過酷』…との事。

「汗」は人体の冷却において最も強力な「武器」である。しかしこの「武器」には弱点があり、その弱点とは「汗は乾かなければ冷やせない」と言うこと。暑いと汗をかき、汗の中の水分が乾いて水蒸気になるときに潜熱を奪うので体が冷える。汗が乾かずに滴り落ちてしまっては、体を冷やす役に立たない。

「人類の発祥地」であるアフリカは、1年を通して気温は高いが湿度は低い。だから汗は出るそばから乾いてくれる。こうした気象条件に適応するため、人類は発汗機能を強化してきた。しかし日本の夏の様に湿度の高い環境では、空気がもともと大量の水蒸気を含んでいるので、汗が蒸発した水蒸気を受け入れる余裕がない。

この関係を表したのが、オルゲーの生気候図で、人間が快適と感じる温度・湿度の範囲を示している。湿度が低ければ高い温度でもしのげるが、湿度が高い場合には許容できる気温が大きく下がってしまう。

人類のDNAにとって「日本の夏」は「想定外」なのである。

いくら扇風機で空気をかき回したところで解決にはならない。まして近年の気温は上昇傾向にあり、夏の暑さはさらに厳しさを増す可能性が高い。「日本の夏」は手強い事を再認識し、必要と感じたときには無理をせずエアコンをつけるべきである。

…そうです。

「日本の夏」恐るべし!

「熱中症」気がつかない間に危険な状態になり倒れる事が多いみたいですよね。この辺に関係があるのかしら?

 

社長からのワンポイント

 熱中症は急激に来ますよ‥急に身体がだるくなり高熱が出て

 若い頃、真夏の炎天下 瓦の積み下ろしをして経験したことがある。

 当時は熱中症という言葉を知らないし、マスコミも報道しなかった。

 高齢者は「熱中症」を知らないでいます、熱中症初体験が命取りにならないよう

ご家族がくれぐれも注意してください‥以上

市のメール配信でも来ていましたが、室内でもこまめな水分補給・塩分補給に加えエアコンを使った温度調節必要みたいです。

 

我が家もエアコン使い始めました!設定温度は27~28度…でもやっぱり冷えが気になります。「熱中症・汗疹・熱帯夜の寝不足」より「エアコンの冷え」のがマシなので、絶賛稼働中です♪

 

『涼温な家』は「換気」が主。4つのフィルターを通った『キレイな空気』をセンターダクトで供給。『キレイな空気』には季節に合った「涼」と「温」という味付けをして―。「冷暖」ではない「涼温」の心地よさを是非ご体感しにお越しくださいね♪

「白羽体感ハウスで体感希望」はこちらから☆

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧|2015年07月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ