スタッフブログ

走れるようになりました!

2012/03/05(月) その他

我が家の愛犬ルイです。
ミニチュアダックスの9歳の男の子。

先日、常磐道の守谷パーキング内のドッグランに行った時の写真です。
本当に嬉しそうに走っていました。

こんなに元気に走れるなんて夢のようです。
実はルイは約1年前、突然歩けなくなってしまいました。後ろ足が完全に麻痺してしまったのです。

かかりつけのお医者さんの診断によるとヘルニアでした。

「このまま麻痺が広まると、呼吸が止まる恐れもあります。」
「ここでは手術は出来ませんので別の病院を紹介します。片道3時間かかりますが…。」

手術!? 片道3時間!?
あまりにも突然のことにおろおろするばかりでした。

そこで獣医さんをしていらっしゃる弊社のお施主様のK様に相談させてもらったところ、丁寧にアドバイスを頂き、おかげで随分と心が落ち着きました。
本当にありがたく、感謝の気持ちでいっぱいでした。

そして結果的に手術を受けたものの、なかなか歩くには程遠く、心配な日々が続きました。

でもK様は、動物の持つ回復力はすごい、あきらめずにリハビリしてあげることが大事…
と力強く励まして下さり、1年経って本当にその通りにこんなに元気になりました。

たかが犬でしょ、と思う方もいると思います。
人間の命のほうが大切、というのももっともでしょう。

でも動物って本当にすごいな、って思うのです。
不幸を嘆かないのです。
文句も言いません。
歩けた昨日と同じように歩けない今日を精いっぱい生きているのです。

犬を尊敬してしまう私って親バカにも程がありますか~?

記事一覧

1ページ (全99ページ中)

ページトップへ