スタッフブログ

ESB工法ってすごい事だらけ‼

宗方 可奈子 自己紹介へ

私が、今一番興味があるのは、ESB工法です。

何故かというと、先日の台風19号の水害などの被害があまりにも

ショッキングだったからです。追い打ちをかけるかのように

昨日の大雨。

私が家を建てたころは、ESB工法など知らない時代でした。

台風の被害もここまで甚大になるとは予想もできませんでした。

 一般的な基礎は、コンクリート基礎を2回に分けて作っています。

右写真①のように1回目のコンクリートを流し固めた後に

右写真②の様に立上りコンクリートを作っていく      

という様な作業工程なのに対してESB工法は、

1回でコンクリート基礎を完成させてしまいます。

③写真の様に平らな部分(土間)・縦部分(立上り)のコンクリートを1回で形成します。

基礎のコンクリートは、なぜ1回で形成が良いかというと、

写真③の様に横の力に耐える強靭な基礎となるという事なのです。

2段階形成だと写真②の様にコンクリート同士がくっ付かないので、

横からの力に弱いという事だと解りました。

という事は、一体成型のESB工法を採用すると、

耐震力に優れている、丈夫な基礎コンクリートができるという事なのです。

コンクリートの繋ぎ目がないので、一切の隙間が無いので、

災害時の床下浸水などの時にも、水が床下に侵入できる隙間が無いという事なのです!

もちろんシロアリの侵入経路も無いという事なんですよ‼

今後台風の被害が大きくなると言われていますが、ますますESB工法の必要性が

高まる一方ではないでしょうか‼

ここで疑問が生じます。では、なぜ良い工法があるのに他はやらないの?

この内容は、次回のブログの内容にしたいと思います(^^)

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全100ページ中)

ページトップへ