スタッフブログ

建て売りと注文住宅の違い

2012/03/12(月) 「家」コラム

白羽体感ハウスのすぐ近くでO様の基礎工事が始まりました。

O様は最初、建て売りを検討されていらっしゃいました。

建て売りは完成した家を「買う」、買った家に合わせて暮らす…極端な言い方ですがそう言えると思います。

それに比べて注文住宅は、家族の暮らし方に合うように「家を造る」ということなので、同じ「家を持つ」ということでも全然意味が違ってきます。

言ってみればオンリーワンの住宅なのです。

そして忘れてはならないのが、注文住宅の場合、途中の工程をすべてチェックできるということです。

建て売りは、買う時点では、どんな大工さんがどんな仕事をしてきたか知る術もありません。
考えると怖くないですか?

最初はO様も建て売りとは勝手が違い、不安なご様子でした。

土地の契約、ローンの申請、建物のプランニングと見積もりを同時進行で進めなくてはならなかったからです。
私もO様・金融機関・不動産屋と密に連絡をとり、少しでもお役に立てるよう、不安材料がなくなるようにと行動させていただきました。

そしていよいよ基礎工事着工です!
4月上旬には上棟が計画されており、7月頃には完成予定。

完成した建物をご覧いただいた時、
「あ~、建て売りを買わなくて本当によかった!!」
と言って頂けると信じています。


記事一覧|2012年03月

ページトップへ