スタッフブログ

「もっと知りたいイギリス」を見て

2011/05/22(日) その他

先日テレビで、関口知宏の「もっと知りたいイギリス」という番組を見た。

彼がヨーロッパやアジア各地を「各駅停車の旅」よろしく訪ね歩き、そこに暮らす人々や文化や歴史を紹介するという番組の再放送だ。

ご存じのようにイギリスは「鉄道発祥の地」。

旅はロンドンのパディントンという駅を出発し、ブリテン島最北のサーソーという町を目指して進んでいったのだが、これがなかなか素敵な旅だった。

調べてわかったのだが、最初の蒸気機関車が走ったのが1836年だそう。

日本ではなんと坂本龍馬が生まれた年だ。

「へえ~ すごいなあ~!」

日本が徳川幕府の時代に、あちらでは煙もうもうと蒸気機関車が走っていたなんて・・・。

関口さんは途中ポースマドックという駅で下車。

この駅には最も古い鉄道が走っていて、一時は廃止になったものの、今から約30年あまり前に千人のボランティアの手により復活したとのこと。実に100年振りの復興だそうだ。

普段はロンドン暮らしの人たちが、毎週末ボランティアで鉄道を実際に動かしている。

もう30年近く通い続けている人が登場した。

それを見て「人生を楽しむ」とはこういうことなんだなあ・・・と思った。

大人が本気でおもちゃで遊んでいるって感じでうらやましい。

旅はビートルズのふるさと、リバプールを経て、エディンバラ、インヴァネスへと北上して行く。

旅の途中、小高い丘が延々と続き、緑がとてもきれいだ。

日本のように、ちょっと行くと大きな街が現れるということはなく、現れるのは古い歴史の佇まいを残した、こじんまりとした中世の街並。

そしてついに着いた終点サーソーの岬の向こうは北海。

人の姿はほとんどない。

荒涼とした海が広がるだけだ。

その砂浜を歩きながら言った言葉が、とても印象深かった。

「旅を通じての感想は、意外にも自然だらけのイギリスでした。自然を失っていくことが、先進国の宿命だと思っていたので、驚きだった。開発だけに走らず、自然を心から大切にしていた。開発だけでなく、自然とともに生きることを選択したこの国からは、違う意味で先進国の姿を見た。」

共感すると共に、何か胸に痛いものを感じた言葉だった。

記事一覧|2011年5月

ページトップへ