スタッフブログ

丸の内の素敵な美術館

2011/12/20(火) その他

気になっていた「ロートレック展」をついに見に行ってきました。

会場の丸の内の「三菱一号館美術館」は初めて行ったのですが、とっても素敵な美術館でした。

古~い洋風建築。

約120年前に英国人の建築家が設計した建物だそうで、当時は三菱合資会社の銀行部が入っていたらしいです。

残念ながら老朽化のため一度解体され、去年の春に美術館として生まれ変わったとのこと。

でも中は当時にタイムスリップしたような、歴史ある雰囲気が漂っていていい感じなのです。

その秘密は、当時の建築部材の製造方法や建築技術を忠実に再現し、そのうえで大切に保存されていた階段部の手すりなどを再利用したためとわかりました。

無垢の床なども細かい傷があったけれど、再利用なのかそれとも再現なのか、どっちかしら・・・。

美術館のある一角は丸の内のオアシス的場所で、この寒い時期なのにバラが沢山咲いていて、周りにはおしゃれなオープンカフェがあり、どこから見ても絵になる素敵なところでした。

この写真のデコレーションケーキのように見える小山も、実はバラで出来ているんですよ!思わず写真を撮りました。

肝心の「ロートレック展」ですが、程よい混み具合でゆっくり鑑賞することができました。

みなさんも是非行ってみてくださいね。

記事一覧|2011年12月

ページトップへ