スタッフブログ

新築時のトラブル

2012/04/27(金) 「家」コラム

先日こんな電話がありました。

「どこか基礎工事をしてくれる業者を紹介してくれませんか?」

直接電話に出たのは私ではなかったのですが、あとで聞いてみると大変気の毒な内容でした。

その方は、どこかの設計事務所に家づくりをお願いしたらしいのですが、実際に工事に携わる業者さんは自分で集める・・・というシステムだったそうです。

ところが基礎を任せた業者がずさんな工事をしたため、やり直しという事態に陥ったということで、業者の紹介を依頼してきたのです。

 

 「基礎工事業者になるには特別な資格はいらない、誰でも明日からなれる…」

と聞いたことがあります。

基礎は家を支えるとっても大事な要。

それなのに誰でもなれるってどういうことでしょうね???

 

家づくりがスタートするまでには、お客様と施工業者側は相当な時間をかけて計画を積み上げているはずです。

契約も無事に整い、さあいよいよ着工だ…という時に、出来あがった基礎が取り壊さなければならないようなものだったとしたら・・・。

お客様の気持ちとしては、がっかりを通り越して憂鬱になってしまうでしょうね。

吉建でいつも頼んでいる基礎屋さんに聞いたところ、今は予定がびっしりで気の毒ですが手が回りません・・・とのことだったそうです。

 

依頼先が信用に値するのかを見極めるのは並大抵ではないと思いますが、ひとつの方法として普段の建築中の現場を覗くことをお勧めします。色々なことが見えるはずです。

吉建ホームでは、4人の監督が厳し~く現場をチェックしていますので、いつ何時ご訪問下さっても大丈夫です!

記事一覧|2012年4月

ページトップへ