スタッフブログ

安売り住宅の実態

2012/09/24(月) 「家」コラム

一昨日、雨の晴れ間を見計らってお客様にご紹介する土地を見に行った時のこと。
その日は全部で6か所の土地を見て回る予定でした。
ちょうど3か所目の土地は大きな分譲地の中にありました。

 そこの分譲地の中にこの写真のような建築現場がありました。

 

これはひどい、ひどすぎる・・・
現場にはビニール袋や木くず、釘やらが散乱し、煙草の空き箱も捨てられていました。

また、敷地内には材木が積み上げられていたのですが、覆っていたビニールシートは先程の風雨のせいか、大きくめくれ上がっていました。

 

もっと驚いたことは隣がその会社のモデルハウスだったことです。
「一体どういう神経!?」
これが私の率直な感想でした。
モデルハウスに行ったお客様は当然隣の建築中の現場を見ると思うのですが・・・。

 これがスピードと安さで売っているあの有名な会社の実態なのです。

こんな現場で働いている職人さんたちにもうひと手間かけたり、後戻りしたりする良心があるはずありません。

「なんだっていいんだ、とにかく早く終わらせれば・・・」
職人さんの声が聞こえてきそうでした。

記事一覧|2012年9月

ページトップへ