スタッフブログ

地球温暖化

吉犬クン 自己紹介
2014/09/30(火) その他

矢口さんのブログを見て、すごく怖くなりました。←2050年の日本の気象予報

今の気候・季節感が全く違っている事に…衝撃的です。

2050年、私は70代です。まだ生きてるじゃん!!(生きていたい。)

子供の世代、孫の世代…。子供たちには、災害などにあってほしくない。環境問題は、世界全体で協力していかなくてはならないこと、とても難しいことです。時間もかかります。

でも、今始めないと環境汚染・地球温暖化は待ってくれません。今の私達に出来ることをやっていくしかないのです。

二酸化炭素とは?

私たち人間の身体は、酸素を吸入し、二酸化炭素を吐き出す。石油や石炭など化石燃料の燃焼などによって排出される二酸化炭素。その排出された二酸化炭素許容濃度は低く、0.5%といわれている。たった0.5%上昇するだけで、人間は意識不明となり、25%以上の濃度になると数時間のうちに人は生きていけなくなる。

さらに二酸化炭素濃度が30%以上になることで、その場に生息することはできない。なにげない生活の中で、二酸化炭素が危険であるということをわからずに生活している人がほとんどです。しかし、この二酸化炭素は、地球温暖化に影響を及ぼす、温室効果ガスのひとつなのです。

二酸化炭素は、地球温暖化の原因

二酸化炭素は、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスのひとつです。これ以上被害を増やさないためにも、地球温暖化を防ぐ措置が必要になってくるのです。私たち自身ができることとして、二酸化炭素を減少させ、温室効果ガスを出さないようにする。私たちが住んでいる日本では、世界でも4番目に、二酸化炭素排出をしている国のひとつです。

二酸化炭素など、地球温暖化にかかわる温室効果ガスを出さないようにしていかなければならないのです。この世界を救うためにも、これから先、日本だけでなく、世界で地球温暖化に対する対策を行っていくことが、地球温暖化の原因となる物質を防ぐことになっていくのです。

二酸化炭素排出量を減少させるためにできること

冷房の温度をいつもの設定よりも1℃高く上げ、暖房の温度をいつもの設定よりも1℃低く設定することによって、二酸化炭素削減に効果がある。

見たい番組のみを見るようにすることで、1日につけっぱなしにしているテレビなどの電力を少なくすることによって、二酸化炭素の削減に効果がある。

別々の場所において、暖房や冷房を使わずに、ひとつの部屋で利用することによって、照明など無駄な電力を削減することによって、二酸化炭素削減に効果がある。

電子レンジや炊飯器、テレビなどの待機電力をカットすることによって、二酸化炭素の削減に効果がある。

洗濯をする際に、お風呂の残り湯を有効利用することによって、節水と節電をすることによって、二酸化炭素削減に効果がある。

シャワーで使う水やお湯の量を減らし、節水タイプのものを利用したりすることによって二酸化炭素削減に効果がある。

自家用車での移動を公共機関の乗り物へと移行することによって、二酸化炭素削減に効果がある。

自家用車でのアイドリングをしないようにし、30分以上になるのなら、エンジンを止めるようにする。

普段の生活から、買い物袋を持ち歩くことで、必要のないものをもらわないようにするだけでも二酸化炭素削減に効果がある。

私たち自身ができる対策は、小さなことです。でも、同じように考える人が増えれば増えるほど、排出量は減少していきます。ですから、もっと地球温暖化や環境破壊といったことに、関心が持てるように、積極的に活動をしていってほしいと思います。私たちがしていること、それは、住んでいる地球そのものを守ることなのですから。

記事一覧|2014年9月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ