スタッフブログ

吉犬クン 自己紹介

長引く梅雨と床下

2015/07/09(木) その他

今年は、なんだかずっと曇りでしとしと雨が続いています。数時間でもいいので少し晴れてくれれば気分が違うのに・・気分が落ち込む一方です。

曇りや雨が続くと、家の臭いも…。このところ一週間以上も雨が続き毎日室内の湿度が60%以上で、雨がざあざあ降っている時は、70%を超えます。こうなると不快感が我慢できず扇風機・換気扇を回します。そうすると2~3%湿度が下がるので、少し楽になります。

しかし、廊下や一階から上がってくる臭い。今日はカビ臭い感じがしました。もう一週間以上もこのような状態がつづいているからでしょうか。

家は、基礎部分から屋根裏、躯体内の換気が大切です。→こちら

社長コメント

「大問題は床下の湿気とカビ菌」

床下と壁内は密接に繋がっていて

コンセント・スイッチ・照明器具・給排水の配管などの隙間から湿気やカビ菌が侵入する

暖かい寒いといった温熱環境は床下と室内を遮断できても、

在来木造住宅では床下の空気を遮断することは不可能です。

これからの住宅は床下を徹底して清潔にすること。

床下のカビ菌・細菌類は室内とツーツースースー‥体調不良の原因は床下にあり‥??

大手ハウスメーカーでも「床下の室内化」が進んでいるようですが、

基礎打ち継ぎを止めて基礎一体成型にしない限り、床下を清潔にすることはできません。

基礎打継部はコンクリートがくっ付いていないのです。雨水が沁みこむこともある

記事一覧|2015年7月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ