スタッフブログ

吉犬クン 自己紹介

これからの季節にコワイ!夜間熱中症

2015/07/14(火) その他

お疲れ様です♪

 

突然暑くなってきましたね(> <)いかがお過ごしでしょうか?

日曜日は急な暑さで、龍ヶ崎市内でも、熱中症発症者が5人もあったようです。

土・日と暑かったので、実家でエアコン三昧~♪でも、やっぱりエアコンの冷風&冷え過ぎが気になり、快適とはいきませんでした。

白羽体感ハウスは今日も快適です☆湿度の高い梅雨時期はもちろんですが、これから始まる『暑い夏』も快適に過ごせそうです♪

 

梅雨が明けると耳にする事が増える『熱中症※』。危険なのは野外の日中だけではないんです!近年増加しているのが『夜間熱中症』。今まで被害が出ると考えにくかった夜間に、しかも室内で死亡する高齢者が増えているそうです。

『夜間熱中症』が高齢者に多い理由としては…

・暑さ、寒さを感じにくくなっている。体温調節機能の低下。

・もともと体内の水分量が少なく、かつ夜間にトイレに起きることを不安がって水を控えて就寝する。

・冷気が直接体に当たる不快感からエアコンを使わない。せっかくエアコンを使っても、数時間後にタイマーで切れるように設定している。

等があげられるそうです。

 

高温多湿の熱帯夜。昔なら窓を開けて外気を取り入れると言う手もありましたが、最近は熱帯夜の夜間も暑い!しかも夜間は防犯上開けっ放しというわけにはいきません。網戸越しに泥棒さんとご対面…はイヤですもんね。

そこで考えられる最大の手がエアコンの利用。

しかし、高齢者や女性は冷えるからとエアコンをつけて寝ることを嫌います。

寝る前の2時間程度エアコン使用も、空気を冷やすだけで壁や床は冷えていないので、エアコンを止めたらまた室温は上昇してしまいとても危険との事。それを防ぐためには温度自体は28~29度くらいにして一晩中エアコンを稼働することだそうです。

昨晩は久しぶりに夜まで暑かったですよね。まだエアコンを使っていないので、チビが寝苦しくて何度も起きていました。そして寝汗もびっしょり!熱中症心配しちゃいましたよ。汗疹も気になるので、エアコン清掃して稼働させなくちゃ!

『涼温な家』で無い我が家は、エアコンの冷風&冷え過ぎと戦いながら熱中症予防です。

※身体を冷ます発汗機能(汗の水分が乾いて水蒸気になるときに潜熱を奪うので体が冷える。)平常時であれば自然に行っている体温調整であるが、体の機能低下や高温多湿な環境など複合的な要因からできなくなり、熱が体に溜まってしまう事がある。その結果引き起こされる障害の総称を『熱中症』と言う。

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧|2015年7月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ