スタッフブログ

吉犬クン 自己紹介

見えない部分で歴然の差!

2016/02/11(木) 「家」コラムその他

最近寒いですね(>_<)たまに日中暖かい日もありますが、1月中旬までの気候はどこへやら・・

冷え込むこの時期、我が家の気密断熱の無さに困ります。とにかく寒い!!

涼温な家ではないので、ドアを閉めて一般的なエアコンをつけます。すると確かに10数分後には暖まり始め、しばらくして十分かなという温度にはなります。

しかしそこでスイッチを切ってしまうと・・本当に瞬く間に冷えていくんです(*_*;

これはエアコンの性能もあるにはあるでしょうが、家そのものの構造も関係しているはず。

断熱の仕方や気密の取り方がしっかりしていないと言わざるを得ません(+o+)

 

涼温な家は壁は50㎜、屋根は50㎜にさらに30㎜を重ねた外断熱材を用います。

「外断熱」は簡単なものではなく、しっかりと気密をとらなければ真の働きをしません。

弊社では断熱材と断熱材のつなぎ目をしっかりと気密テープで処理します。

この部分は家が完成すると隠れてしまうため、多くのメーカーが完全な施工を怠ってしまうのが現実なんです・・バカ正直にやっていたらコストが合わないというのが本音かもしれません。

でも!!そここそ本当は手間を惜しまず施工しないと、冒頭のような家になってしまうんです。

せっかく温めた空気が、窓や天井・屋根のわずかな隙間からどんどん逃げていき、しかもその分冷気を引き込んでしまうんですよ(+o+)

断熱も気密も、住宅広告では全くピックアップされませんが、とても重要な要素なのです。 

記事一覧|2016年2月

ページトップへ