スタッフブログ

“涼温な家”と一般的な家の違いについて No.7

吉犬クン 自己紹介
2015/05/27(水) その他

我が家の第三種換気、給気口の給気量と換気扇の排気量の違いについて

給気口のフィルターにも問題があるはずと思い測定したところ

フィルター付では2~3m/sだったのに、フィルターを外すとなんと38m/sの数値が出ました。

やはりフィルターが大きな抵抗となっていました。

給気口のふたの下に約半年で交換するよう注意書きがされているので

ホームセンターで確認をすると専用のフィルターはなかったのですが、

PM2.5も除去できると書いてあるフィルターがありました。

これを購入・設置をしたのですがPM2.5も防いでいるかもしれないが、

空気そのものの給気を防止していたのです。

フィルターの選択も良く考慮しないと給気口の意味がないものと

なってしまう事が今回の測定ではっきりしました。

(このフィルターが外気の有害物質をどれだけ除去してくれるかは別物です)

 社長コメント

PM2.5対応フィルターを付けたら目詰まりで、換気されない換気システム‥?

『目の細かいフィルターは埃や何やらですぐに詰まります』

涼温換気は、袋フィルター+中性フィルター+PM2.5フィルター+熱交換素子フィルター

これだけのフィルターでも風量を維持できる換気。驚異だと思いませんか‥

換気に興味のないまま家造りをする人は多いでしょうが

小さ過ぎるといわれる換気メーカーの標準品

小さく弱い換気本体では高性能フィルターは役に立ちません。

家を建てる前に‥ぜひ、PM2.5を含む越境大気汚染、室内空気と健康問題

すぐに目の詰まるフィルター、メンテナンスの厄介さに気付いてください。

そして建物の『気密測定』と換気の『風量測定』は必ず実施すること。

【関連記事】  換気トラブルが続出 2018年6月

住宅の省エネルギー性能が高まり24時間換気の担う役割が大きくなってきた。

簡易なプロペラファンでは済まなくなり、熱交換換気やダクト式第3種換気の採用が拡大。

それに伴って、設計・施工ミスやメンテナンス不良などのトラブルが増えている

記事一覧|その他

12ページ (全25ページ中)

ページトップへ