過去のブログ

老後について

吉犬クン 自己紹介へ
2015/03/11(水) その他

皆様、こんにちは。

最近、老後についてちょっぴり考え始めました。まだまだ先の事と思っていたのですが、気が付くともうそこまで老後生活がきているような気が致しました。今は元気で何もかも一人で出来ますが、ご飯作り、お買い物、お掃除等が出来なくなってしまったらどうすればいいのかと考えておりますと、将来が不安になります。一生過ごしていく家が、とても大切な事にも気付かされております。

「いい家」が欲しいという本の中で次の様な事が書かれてありました。

高齢者対応住宅というと、段差をなくし、手すりをつけ、廊下や出入り口の幅を広げることだと理解している人が多いのには驚かされます。真に危険なのは、温度差と空気環境であり、寒さ、暑さ、湿気、カビ・ダニなどは高齢者の健康と生命を直接脅かすものなのです。・・・風邪を引いて熱が出て、寒気におそわれながらトイレに行く時や、寝たきりになって、梅雨時や秋の長雨の季節をカビ臭い部屋で過ごさなければならないことや、膝や足腰を痛めて、洗濯物を干さなければならない場合や、手助けなしで風呂に入らなければならない状況などをできるだけリアルに想像するのです。

家を建てる前にもっとよく考えていれば、老後も不安にならなかったのかと思いますと後悔の一言です。

外断熱住宅 涼温な家 本「いい家」が欲しい

記事一覧

1ページ (全51ページ中)

ページトップへ